駿河湾沼津SAマラニック

戻る

駿河湾沼津SAマラニック


2013年09月29日(日曜日:晴れ)



■午前10時過ぎに家を出て、まっすぐに愛鷹山を目指しました。以前よく歩いていた道ですが、走って登るとなると話は全く別になります。

 途中で自転車に乗った小学生たちに会いました。停車しておしゃべりをしていました。向こうから、「こんにちは」と挨拶してくれました。5名ほどの女生徒たちでした。どこへ行ったの?、と尋ねるとSAまで、と答えてくれました。おじさんもこれから走っていくつもり、と答えたら、驚いていました。

 爽やかな風が吹き渡ったような一時でした。

画像の説明

上りSAの展望台が見えています。ここからの駿河湾は絶景です。


画像の説明

 駐車場もほぼ満車です。観光バスも沢山止まっていました。

 駿河湾の向こうに見えているのが伊豆半島です。


画像の説明

 帰り道にて。昔よく歩いた道です。新東名が頭上を走っています。その向こう、山の中腹に見えるのが愛鷹シックスハンドクラブのクラブハウスです。


画像の説明

 愛鷹山は南斜面に面して日当たりも良く、昔はみかんの生産地だったのです。みかんの木が、一本寂しげに実を付けていました。


 こうして初めてのマラニックも、無事に終わりました。二時間ほどの小旅行でしたが、爽やかな青空のもと、風も心地よく吹き渡り、熱中症の心配はありませんでした。

 それでも少し油断をすると、頭に熱がこもって仕舞って苦しくなります。放熱が大切だと、つくづく思いました。