2012渋谷文化村フェルメール展

2012年1月3日(火曜日:晴れ)
渋谷BUNKAMURAフェルメール展


画像の説明

 渋谷BUNKAMURAで開催されている「フェルメールからのラブレター展」を三人で見に行きました。拓の絵画好きはなかなかのものです。

 以前文化村での、「ポンペイ展」を sun と見に行った記憶があるのですが、何年前のことでしたでしょうか。渋谷はさすがに大都会。人混みの凄さには圧倒されました。

 調べてみると2006年5月に二人で「ポンペイ展」に来ていました。




 展覧会については以下のページで御覧ください。

17世紀のオランダ。貿易により市民が富を蓄え、史上初の市民社会を築き上げたオランダ社会。郵便制度が確立し手紙というものが市民の間での意思疎通に重要な役割を果たすようになったそうです。

 そんな中で手紙を題材にした絵画も描かれるようになったのです。識字率も向上し、ビジネスレターやラブレターにもマニュアル本なるものが出版されていた、というびっくりするような記述もありました。

 そうした意味では、17世紀に平和を確立し、以後独自の文化を育んだ当時の日本社会と、とても似ているような気がしました。


画像の説明

 さて早めの夕食を三人で楽しみました。本当に楽しい一時でした。拓も、慣れない世界で、まさに四苦八苦、七転八倒でしょうが、ぜひとも頑張り抜いて欲しい、と願うばかりです。