20121101

2012年11月30日(金曜日:快晴)


画像の説明

■今日で11月(霜月)終わりです。明日から12月(師走)が、いよいよ始まります。

 今朝は予定のジョッギングを止めて眠り続けました。疲労が蓄積していたようです。ここは無理をせずに週末に予定している二時間のLSD、ゆっくり長い距離を走るトレーニングに備えることにしました。

 無理をする年ではもうありませんし、無理をする必要もないのでしょう。大切なのは、続けることです。少しずつ続けること。それしか、ありませんね。

■今朝の東京新聞に、フランス映画「最強の二人」の記事が掲載されていました。フランス映画としては異例のヒット、という内容です。フランス映画というと、難解だ、というイメージがつきまといますが、いわばグローバル化したフランス映画ということで、分かりやすい内容がヒットの原因のようです。

 監督も出演俳優も、ほとんど無名だそうですが、NONちゃんが薦めてくれていた映画でもあり、機会を見つけて映画館に脚を運んでみようと思っています。



2012年11月29日(木曜日:快晴)


画像の説明

■今朝は、起き出すのが辛い朝でした。昨夜、どうも寝付けなかったからです。どうしようか、さんざん迷った末に起きだしてエアロバイクを漕ぎました。45分間。始めてしまえば、それほど苦でもないのですが。

 今月も残すところ、あと2日。いよいよ師走です。今年はフルマラソン完走への準備を始めた年として、私の中では重要な年でした。あとは結果を出すだけです。

■さてさて以下の記事は、NEXUS 7大好きの私には大いに異論のある記事でした。

 ビジネスという枠から見ると、確かにiPadの方が状況は良さそうです。私のNEXUS 7の使用目的が、ネットの利用、電子書籍の購読、そしてビデオのストリーミング鑑賞と限られていますので、その点ではNEXUS 7の方が、私の経験からすれば、ずっと使いやすくできています。つまりは、率直に要求に答えてくれる、ということです。

 特にNASに保存したビデオのストリーミング再生はNEXUS 7の方が、はるかに楽に可能です。iPadは、その点に関しては癖がありすぎて、大変不便です。

 まぁ、どちらが合っているかは、その方の使用方法次第ではないでしょうか。



2012年11月28日(水曜日:快晴)


画像の説明

■今朝はジョギングの日。それにしても起きるのが辛い朝でした。昨日の60分近いエアロバイクが効いているのか、連日の疲れが溜まっているのか、どちらにしても起きだして走りだすまでが、ためらいの連続でした。

 それでも、いったん走りだしてしまえば、早く走ろうとしているわけではないので、フォームを崩さないようにリズムよく走ることだけを考えて44分間を走り終えました。

 走り終われば爽快感で一杯です。たとえ6キロ超の短い距離であっても、きちんと走り終える、という事は、とても達成感のあることです。これは大きな意味があると思います。こうした積み重ねが何より大切なのでしょう。自分自身の身体にも、そして何より心にも。



2012年11月27日(火曜日:快晴)


画像の説明

■今朝は爽やかに晴れ上がりました。と言っても、私は5時に起きて暗い中でエアロバイクを漕ぎ始めました。月・水・金はジョギングを、火・木はエアロバイクと決めたからです。

 ジョギングを始めた当初は、色々な組み合わせを試みたのですが、毎日頑張って走るとかえって疲れてしまい、疲労回復が間に合いません。金哲彦コーチの言う、「積極的休養」としてエアロバイク運動をしています。これですと、不思議と疲れも溜まらずにジョギングにも良い影響を与えるようです。

 DVDから昨日パソコンで圧縮しておいたテレビドラマ、「不屈の嫁」を無線LANで受信しながらNEXUS 7で鑑賞しつつ、今朝はエアロバイクを漕ぎました。一時間があっという間に過ぎました。

 今日は第六話からスタート。ヨンシムとシヌが、初めて海岸で出会う場面。良い海水浴場もあって韓国国内では有数の観光地である束草市(속초시、ソクチョし,そくそうし)の海岸の場面です。施設育ちの孤児、ヨンシムが夫の浮気問題から故郷とも言うべき束草市に一人旅をします。そこで米国留学から帰国したばかりのシヌと偶然に出会うのです。

 下戸のヨンシムが憂さ晴らしに飲んだ焼酎で、すっかり酩酊しシヌにからみます。酔っぱらいの変なおばさんという印象を持ってソウルへ戻るシヌ。離婚を決意して15年連れ添った夫と分かれるヨンシム。物語は毎回スリル満点で進行していきます。

 BSのテレビ放送は今週で結末を迎えますが、韓流ドラマなんて、と馬鹿にしていた私も、今ではすっかりシン・エラさんの笑顔の虜になってしまいました。

(●^o^●)

■さてさて以下のニュースは、喜ぶべきなのか、悲しむべきなのか。パソコンではおこぼれに預かれなかった日本企業が起死回生のチャンスなのですが、ほとんどのシェアを韓国企業に握られていては浮上のきっかけも掴めそうもありません。

 売れなくなる殆どの分野で日本製品が幅をきかせていた訳ですから、影響は甚大です。 


2012年11月26日(月曜日:雨)


画像の説明

■今朝はジョギングに出かけました。6時までは雨も降りませんでした。スケジュール通りの出だしです。昨日は、18,000歩以上歩きましたので、いささか疲れもあったのですが、少しずつでも続けていかないと、とても今の実力ではフルマラソン完走の夢は遠のくばかりです。

 それでも人間というのは、続けていると身体が次第に慣れてくるというか、力が付いてくるというか、「人間は何事にも慣れる動物だ」と、ドストエフスキーが言った通りです。

 諦めずに、少しずつ続けていくことがゴールに辿り着くための一番の近道のようです。

■さてさて以下の記事は、大変興味ふかいものです。

 我が夫婦も結婚30年を迎えました。よく続いたものです。

(●^o^●)

 記事をよく読んで自戒しないといけません。まずは体重管理と睡眠をよく取ることですね。睡眠不足は空腹よりも怒鳴り声の元ですから。



2012年11月25日(日曜日:晴れ)


画像の説明

■今日は友人と楽しくラウンドしました。静岡の赤井さんがわざわざお越し下さいました。久松さん、芹澤さんと四人でのラウンドです。

 天気は最高でした。風も殆ど無くコンディションは文句の付けようがありません。文句があるのはスコアだけです。

(●^o^●)

 昼食時には、昨年の3月11日における赤井さんの貴重な体験談をお話していただき、本当に勉強になりました。たまたま平塚に出張中で何とかバスを乗り継いで、国府津の駅に到着したそうですが、宿は無い、食料も無い状態で本当に困ってしまったようです。

 駅員に誘導されて近くの体育館で夜を明かしたそうですが、埃は酷い、寒くて、うるさくて眠れない、と大変な一夜だったようです。

 逆に藤沢の方へ出れば宿がとれたかも知れなかった、という事でした。何にしても大変な目に合われたようで、それ以来のど調子がおかしいとの事でした。



2012年11月24日(土曜日:曇)


画像の説明

■三連休の中日。ニュースでは、夕方から帰省の車で高速道路は大混雑。明日は東名で50キロの大渋滞が予想されています。

 さて昨日は当番日でしたが雨のためか、それほど混雑することはありませんでしたが、ギリギリに来院された患者さんがいて、終わるのが遅くなってしまいました。

 暇な時間帯にアマゾンから電子書籍を購入しました。宮本輝さんの「胸の香り」という本です。短篇集ですね。宮本輝さんの作品といえば、「青が散る」の大ファンですが、それ以外は読んだことがありません。大学のテニスクラブの様子を書いた「青が散る」は、自分自身の体験とも重なって、大変身近に感じる小説でした。その宮本輝さんの本ですので、とても楽しみに購入しました。

 読者の書き込みを読んで、なるほど、なるほど、と共感できそうなのを確認してクリックすれば、一分ほどで手元のNEXUS 7に本が取り込まれますので、あっという間に読み始めることができます。これは体験した人でないと理解できない快感です。読みたくなったら、いつでも、瞬時に読みたい本を読み始めることができるのです。病みつきになる、とはこういうことを言うのでしょう。やはりアマゾンは凄いですね。

■さてさて以下の記事は、ついに来るべき時が来た、という感じです。

 タブレットは、インテルのCPUにウインドウズという中身ではありませんので、今までの常識が通用しません。独占体制が崩れている、ということです。

 パソコンの宣伝に、「インテル入ってる」というダジャレのCMがありました。これは消費者の安心感をもたらすという意味で、良い所を突いた宣伝文句です。安定作動への保証のようなものです。ところがスマートフォンやタブレットの仕様を確認して購入する人は、まずいません。アップルかアンドロイドか、という違いだけです。インテルやマイクロソフトは対象外です。

 これは何十年ぶりの大変動なのです。手も脚も出なかった日本企業にとっては大チャンスなのですが、ここでも日本企業の動きは鈍すぎて利益を出す体制ができません。殆ど手をこまねいて見ているだけです。本当に、何とかならないものでしょうか。



2012年11月23日(金曜日:雨)勤労感謝の日


画像の説明

■今日は勤労感謝の日です。残念ながら当番日。一日籠の鳥です。普通の勤労者は、昨日から三連休の方が多いはず。我ながら因果な商売だと諦めています。

 昨夜はロータリークラブのテーブル会。仲間と食事をしながら、クラブ活動について歓談しました。通常の例会だけでは、時間の制約もあり、なかなかゆっくりと活動について意見交換するのは困難です。

 また異なる職種の方々ばかりですから、業界を超えて世の中の動きを知る事ができる貴重なチャンスでもあります。

■さてさて以下の記事は大変興味深いものです。天皇陛下の食事に関する記事です。映画などで観ると欧州の王族は、山のような山間の珍味を太鼓腹で食べ尽くす、というイメージがありますが、最近はどうなのでしょうか。

 天皇陛下は、そうした食習慣からは、少なくともほど遠いようです。天皇陛下の食習慣や生活習慣から学ぶべき点が、私達にはたくさんありそうです。

 しかし、この習慣を維持するのは、相当の覚悟と意志の強さがないと、とても続かない、と感じました。それだけの気持ちを持たれて、天皇陛下は毎日を送られているのだ、とつくづく感じた記事でした。


2012年11月22日(木曜日:雨のち曇りのち晴れ)


画像の説明

■今朝は積極的休養日。ジョッギングはお休みして、5時に起きてエアロバイクを漕ぎ始めました。今日の鑑賞映画は、「タイタニック」です。購入したDVDをパソコンを用いて英語字幕表示で圧縮しUSBメモリーに保存。それをNEXUS 7に繋いで鑑賞しました。以前映画館で観たのですが、そう言えば、出だしはこんなだったなぁ、と思い出しながら観ていました。

 始まってまもなくヒロインがやけになって船尾から飛び降りようとする場面があります。そこへ助けに現れたのが、レオナルド・ディカプリオ。飛び降りようとする女性を、どうやって思い留まらせるか。まさか、そんな場面に自分が出くわすことは一生ないとは思いながら、言葉ひとつで人の気持ちを動かすことができる、という驚きと難しさを同時に感じる場面でした。

 45分ずつ観ていく予定です。



2012年11月21日(水曜日:快晴)


画像の説明

■今朝もジョッギングに予定通り出かけました。5時に起きて準備体操をして、ランニングウォッチのGPS機能がオンになったのを確認して走り始めました。とにかく無理をせずにゆっくりフォームをチェックしながら、6.4キロを走りきりました。今朝は幸いにも、左フクラハギやアキレス腱に違和感を覚えることなく完走できたのが一番の収穫でした。

■昨日はUSBメモリーに記憶させたビデオをNEXUS 7に接続して再生することに成功しました。一時間一ギガと考えれば、だいたい間違いありません。パソコンで圧縮して字幕は英語にしていておけば、最高の英語教材の完成です。

 もちろんNASに格納したものをストリーミングで再生しても、NEXUS 7の場合全く問題ないのですが、メモリーに格納したデーターの再生も必要になる可能性がありますので試しておく必要があります。

 特別の接続機器とアプリを導入すれば、すんなりと認識して再生出来ました。このあたりがiPadと違って素直にできていて有り難いのです。アップルの製品は大変素晴らしいのですが、率直でありません。唯我独尊なのです。そこが私の気に入らないところです。

■さてさて以下の記事は大変興味深いものです。世界最速の高速スキャナーの話です。何だそれ、とおもわれる方も多いと思いますが、要は印刷された書籍の文字を読み取りデジタル化する器械のことです。

 電子書籍の数は、本当に大海の一滴に過ぎません。今までに印刷された無数とも言うべき書籍を電子書籍に変換するのは、大変な労力を必要とします。もちろんそれをビジネスにしている会社もあり、私も20冊以上を頼みました。そのサービスには十分満足しています。

 いったんデジタル化しておけば、端末が iPad になろうが、nexus 7 になろうが、その画面に容易に最適化した編集ができるのです。この器械を使用して、すでに印刷された書籍が次々と電子書籍に変換されれば、今まで埋もれてしまっていた本を読書する人口が飛躍的に増えると私は思っています。



2012年11月20日(火曜日:快晴)


画像の説明

■今朝は積極的休養日。つまりはジョギングに出かけずにエアロバイクを漕ぎました。NEXUS 7を観ながら45分間漕ぎ続けました。今日の映画は、「ショーシャンクの空に」です。Wikipediaによれば、

『ショーシャンクの空に』(原題:The Shawshank Redemption)は、1994年に公開されたアメリカ映画。

 スティーヴン・キングの中篇作品集である、(邦題『恐怖の四季』に収録されている)「刑務所のリタ・ヘイワース」が原作である。フランク・ダラボンが監督と脚本を初兼任し、映画化された。

 冤罪によって投獄された銀行員が、腐敗した刑務所で希望を持ち続けて生き抜く姿を描いた作品である。


 と、あります。小沢一郎氏の裁判など、最近の日本での裁判の様子を見ていると、冤罪で人生を棒に振った人が、どれほどいるのか、考えただけでゾッとするのは私だけではないと思います。

 あっと驚く結末が用意されていて、実に爽やかな気持ちで映画の鑑賞を終えることができます。ティム・ロビンスもモーガン・フリーマンも良いですね。刑務所を描いた作品なので、考えてみたら女性が、ほとんど出演していません。主人公の不倫を楽しむ奥さんが、最初にちらっと登場するぐらいでしょうか。原題の「刑務所のリタ・ヘイワース」とは、単にポスターに女優リタ・ヘイワースが登場するばかりです。

 ところで、NEXUS 7の賢いのには驚きました。前回のエアロバイクでは、40分漕いだのですが、今日また映画を観始めようとしたら、前回の続きから始めましょうか、と尋ねてきました。いわゆるストリーミングで一階のNASから無線で飛ばしているのですが、この賢さにはびっくりです。

■さて以下の記事は、夢一杯の内容です。こうした記事を読むと、本当に心がウキウキします。こうした研究に地道に取り組んでおられる方々に、心から敬意を送りたい気持ちです。

 ただ残念なのは、資金の提供が十分でない、という事実です。税金の無駄遣いは山のように有りながら、こうした素晴らしい研究にお金が回らないというのは、実に腹立たしい限りです。


2012年11月19日(月曜日:快晴)


画像の説明

■今朝もジョッギングに出かけました。左フクラハギの具合は、だいぶ良くなったのですが、今度はその下の部分、つまりはアキレス腱のところに違和感が出てきました。

 今日も無理をせずに、とにかくフォームを守りペースを守って走りました。6キロを平均キロ7分です。でも、これでは駿府マラソンハーフの制限時間を超えられません。困ったものです。

(●^o^●)

■政治資金規正法違反罪に問われた元民主党代表で、「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の無罪が確定しました。総選挙を前に野党党首の秘書を逮捕したり、本当に些細な会計簿上の記載ミスをネタに裁判を起こしたりと、どうもゲスの勘ぐりをしたくなる動きでした。

 以下の記事は、大手マスコミやテレビが絶対に報道しない内容です。真実かどうかは、お読みになる方の判断次第だと思いますが、記者クラブといい、私達の知らないところで社会の木鐸と言われる人々が、シロアリ化していたことを伺わせます。

 12月の総選挙で、日本の未来が決まるのです。投票率が低いことが決して無いことを祈るばかりです。


2012年11月18日(日曜日:快晴)甲府での地区大会


画像の説明

■今日は、国際ロータリー第2620地区の地区大会が甲府で開催されました。朝の6時半に沼津駅北口で待ち合わせてバスで甲府へ向かいました。

 渋滞もなく二時間ほどで到着。静岡・山梨から1,600名を超えるロータリアンが集まりました。

 年に一度、山梨の仲間とも会える機会です。井上雅雄PGや渡邉守人PGにお会いできるのを楽しみに出かけました。甲府南RCの氏原元地区幹事、事務局の鈴木さんにもお会いできました。

 井上PGとはご挨拶だけでゆっくりと話す時間が取れなかったのだが、大変残念でしたが、とてもお元気そうで、それだけ確認できて安心しました。

 渡邉PGは福島の地区大会へお出かけとのことで再会できませんでした。

 大会ではRI会長代理として千玄室氏を迎えて、とても貴重なお話を聞くことができました。大正12年のお生まれ。きしくも私の父と同じ歳の89歳。本当にお元気で朗々としたお声で講演をされました。凄いですね。

■今年の地区大会は簡にして要を得た構成で、例年とは趣を異にしていました。今度甲府を訪問するのは、いつのことになりますか。みなさんが、ご健康であることを心から願っています。

画像の説明

クラブの仲間と共に



2012年11月17日(土曜日:曇のち雨)


画像の説明

■今朝は、どんよりとした曇り空。どうやら一日雨のようです。鶴ちゃんと定例のウォーキング。いつもなら走るところを二人でのんびり話をしながら歩くのも楽しいものです。

 明日は甲府でのロータリークラブの地区大会に出席のため、駅から朝バスに乗って出かける予定です。

 昨日はSUNから、来月中にNONが帰省するかも知れない、とのメールが来たと教えてもらいました。釜山への家族旅行をして以来です。AYAちゃんも一緒かな? 何にしても成長しているわが子に会えるというのは嬉しいものです。

■アマゾンから電子書籍を取り込んで、少しずつ蔵書を増やしています。以前から好きだったチェーホフの作品です。今日読み終えたのは、「犬を連れた奥さん」。生きることの意味を、つくづく考えさせられます。



2012年11月16日(金曜日:晴れ)


画像の説明

■昨夜は西クラブの夜間例会を欠席して、東部眼科医会の役員会に出席しました。色々な問題が山積しています。山秋会長を中心に、役員の皆さんはボランティアで問題の解決に取り組んでおられます。本当に頭が下がります。立場上の責任感、というのでしょうか。年齢、開業年数などなど、いわば雑用ですから、一円にもならないのですが、地域医療のために、また会員の医療レベルの向上に、と色々知恵を絞られています。こうした方々のおかげで、地域医療って成り立っているんですね。

■さてさて昨夜の会合で就寝時間が通常より、一時間遅くなりましたが、今朝も計画通りジョギングに出かけました。寒い朝でした。

 今朝も6キロ超を走ったのですが、初めてトータルとしてキロ平均6分30秒を切りました。左脚のアキレス腱に違和感を覚えたのが、いささか気がかりなのですが。

 来年の駿府マラソンハーフの登録料も昨日振込が完了。これで、もう後には引けなくなりました。21キロを2時間以内に走らなければなりません。これから地獄の特訓をしていかなければなりません。

(●^o^●)

 どうなりますことやら。

■さてさて以下の記事は興味深いものがあります。新しい中国の指導者の顔ぶれが決まりました。日本の10倍の人口を持つ国を率いていくというのは、想像もできない難行に違いありません。

 当局が発表した内容ですので、筆者も指摘しているように、必ずしも全部が真実ではないかも知れません。しかし大筋では間違ってはいないでしょう。過酷な運命の中でも、自暴自棄になることなく自分を磨き上げてたどり着いた地位。

 大切なのは、その力を生かして自国民の幸せを少しでも実現することです。隣国が平和で安定していることが、同時に自国の平和と安定にも繋がるのです。

 シロアリ退治をするんだ、という初心をすっかり忘れて、シロアリの使いっぱしりになってしまった自国のリーダーを見る度に、隣国の指導者には頑張って欲しいと心から願わざるを得ないのです。



2012年11月15日(木曜日:晴れ)今年一番の冷え込み


画像の説明

■昨日の党首討論での唐突な解散宣言で、年内の衆議院選挙が確定したようです。どうやら小沢封じの狙いがあるようです。来年にならないと政党助成金が小沢新党にはおりないのです。

 結局野田総理は消費税の引き上げを決めた以外は、何も決められずに総理の座から降りることになりそうです。残った印象は、言葉だけが踊って行動の伴わない政治家だったなぁ、という印象です。あとは勲章をもらうまで余生を楽しむことだけを考えているのでしょう。本当に国民は浮かばれません。こんな代表を選んだ民主党の議員に投票する気には、とてもなれません。

■今朝はジョギングに出かけずにエアロバイクで運動です。映画「ショーシャンクの空に」を観ながら45分間漕ぎました。NEXUS 7を起動すると、「バージョンアップします」という案内と共に処理が始まりました。色々進歩したようですが、まだよく分かりません。

 マルティユーザーに対応したようですが、7インチタイプではあまり有難味は無さそうです。iPadのような10インチタイプですと大いに役立つと私は思います。つまりは、ログインすることで複数のユーザーで安全に共有できるからです。

 10インチタイプは持ち歩くと言うよりは、作業現場でパソコンのように使用することが多くなると思いますので、共有機能は重要だと思われます。iPadには、そうした機能がありませんので、有利な点となるのではないでしょうか。

■さてさて以下の記事は重要です。総選挙の争点の一つ、エネルギー問題への参考に大いになるのではないでしょうか。

 原発なき日本の再生は、福島の原発事故を経験した日本の歴史的な役割です。あらゆる知恵を総動員して、何としても成し遂げなければなりません。使用済核燃料の問題も解決できない現状では、脱原発に向かわざるを得ない、と考えるのが常識的な判断です。

 代替エネルギーの開発で、新しい雇用、新しい社会が築かれていくことを心から願っています。


2012年11月14日(水曜日:晴れ)


画像の説明

■今朝は予定通りジョッギングに出かけました。月、水、金曜日にジョッギングという計画です。そして日曜日に長時間走(LSD)を遂行する、というのが今のところの練習計画です。

 今朝は、最初の3キロは足取りも重くて辛かったのですが、折り返してからの道のりは、ずっと楽でした。ただ、その調子の良くなってきた頃にペースを上げると、しっぺ返しに会うのでしょう。ですから、フォームを崩さず、上半身は前傾姿勢を保つ、腕を振る、股関節で体重を受けるイメージの三点は、どんなことがあっても守る意識で走り続けました。

 結局、6.4 キロをキロ 6分31秒のペースで走りきりました。今まで一番良いタイムでした。少しずつですが練習の成果が出ているように思います。

 NHKの番組でゲスト出演していた長谷川理恵さんは、芸能界屈指のランナーだそうですが、フルマラソンを完走するためにはどうしたら良いかという質問に次のように答えていました。とにかく地道な練習を積み重ねていくこと、それしかありません。そして必ずその成果が現れます、と話していたのだが印象的でした。

 きっと、そうなのでしょう。積み重ねた練習は決して裏切らないに違いありません。もちろんレベルの違いは致し方ありません。それでも自分の中で努力が成果となって目に見えて実感できることって、そうないように思うのです。そうした何かを見つけられた人は、きっと充実した人生を送ることができるのではないでしょうか。


2012年11月13日(火曜日:晴れ)


画像の説明

■今朝はジョギングに出かけずに家の中でエアロバイクを40分漕ぎました。金哲彦コーチの言う、「積極的休養」というやつです。例によってNEXUS 7で「12人の怒れる男」の後半を観ながら漕ぎました。

 最初の段階では、実際に少年が父親をナイフで刺した場面を見た、という女性の証言など、どう議論しても少年の有罪は不動のもののように思えていたのですが、議論を重ねる内に疑問点が浮き彫りになってきます。

 それぞれの証言に対して、その信憑性に疑問符が投げかけられてくるのです。ヘンリー・フォンダも言っているように、何が真実かなど分からない、という言葉は重いものがあります。どんなに証拠を積み上げても、真実を詳らかにすることなどはできないのかも知れません。大事なのは、被告を有罪とするには、どう考えても納得できない疑問点を消し去ることができなければ、その時は、not guilty 、つまりは無罪とする、という原則です。

 メールによる脅迫事件の誤認逮捕などを見ていると、日本ではむしろ逆の原則が働いているように見えるのは私だけでしょうか。つまりは、犯人と見立てた人物を無罪とする決定的な証拠が無い限り有罪である、という論法です。

 そんな立場に自分が立たされたら、つまりは自分が完全に無罪であることを自ら証明しなければならなくなったとしたら、と考えると、空恐ろしくなります。そんなことが、どんな時にもできるのでしょうか。


■さてさて以下の記事は、どうなのでしょうか?

 ガジェット (gadget) とは一般に道具、装置、仕掛けのこと、だそうですが、要は電子書籍用端末ということです。

 実際にiPad mini を触ったことがありませんので、人から聞いた話とネットでの情報だけからしかお話できないのですが、電子書籍用端末としてだけから考えても、iPad mini より NEXUS 7の方が、私はお買い得だと思っています。

 iPadの解像度は素晴らしいのですが、iPad miniはコストを抑えるために品質を落としたようです。視認性が著しく低下している、との話でした。その点NEXUS 7の視認性はiPadには劣るものの、十分綺麗に見ることができます。

 iPadは絶頂期を過ぎた、と私には思えます。タブレットという分野を切り開いた功績は絶大ですが、パソコンと同じように主流の席は、どうやらアンドロイドに譲らなければならなくなりそうです。

 はたして、どうなりますことやら。

 それにしても日本のメーカーの存在感が、まるで無いのが本当に寂しい限りです。


2012年11月12日(月曜日:曇りのち晴れ)


画像の説明

■昨日の最悪のプレイから一夜が開けました。ショックから立ち直るのに、しばらく時間がかかりそうです。

(●^o^●)

 ベン・ホーガンの「モダンゴルフ」という本を読みました。指南書の古典だそうです。確かに、分かりやすく要点をまとめてありました。ただ、それを自分なりに勝手に解釈して実践すると、とりあえずはOB4連発、となるわけです。

■さて今朝もジョッギングをしました。5時に起きて雨が上がっているのを確認して、準備運動をした後、ランニングウォッチをオンにしてGPS機能が動き出したことを確認して走り出しました。

 正直脚が重くて辛かったのですが、昨日18,000歩以上歩きましたから、疲れていて当然です。それでも、とにかくフォームを崩さず前傾姿勢、腕を振る、股関節で体重を受ける、という三点を守って我慢強く走り続けました。

 桃澤神社で家族の健康と幸運を祈ってお参りした分だけ、タイムをロスしますが、これも給水の練習と思えば実践的です。今日は、結果としてキロ6分30秒台で走り切ることができました。少しずつ6分台前半を目指してペースを掴んでいくつもりです。

■さて最近は、NEXUS 7に導入したキンドルアプリでアマゾンから購入した電子書籍を床の中で読んでいます。これが一番目に対する刺激が少なくて負担になりません。NEXUS 7付属の他の電子書籍は、昼間に読む分には全く問題ないのですが、電気をすっかり消した状態で読む床の中では、反射がきつくて目が疲れます。キンドルアプリでは、背景を黒にして文字を白色にすると、比較的負担が少ないようです。

 ただこうした状態、つまり消灯した後で床の中で寝る前に読書をする、という目的のためには、Eink を使用したKindle Paperwhite が良さそうです。まもなく最新版が発売になります。予約しようかどうか迷っていたのですが、目に対する負担を考えると決して高価な買い物とも言えないようです。

 今回の製品はLED証明が付いていて部屋の電気が無くても読書できる点が大きな違いです。楽しみです。

■さてさて以下の記事には気持ちが暗くなります。日本を代表する家電メーカーの苦境は、日本そのものの苦境でもあります。

 要するに、パナソニックが無くなって消費者がなぜ困るのか、と問われると、はたと返答に窮してしまうところが恐ろしいのです。記事にもあるように、別にパナソニックでなくてもハイアールで良いんじゃない、と言われると、そこで話を終わってしまいます。

 家電というものに安住してきたメーカーが、今まさに自分の存在意義を問いかけられているのです。 



2012年11月11日(日曜日:曇りのち雨)


画像の説明

■今日は新沼津CCの月例でした。左脚のフクラハギの肉離れが完治せず、どうもすっきりしないのでテニスは中止にしました。やはり全力疾走して再発すると、もうこの冬は走れなくなりますから。

 ところが、そのせいでは全然ないのですが、スコアはめちゃくちゃでした。こんなことは10年ぶりでしょうか。フォームを矯正して少しでも真っ直ぐに遠くに飛ばそうと改造したのは良かったのですが、中途半端なために前回は曲がることのなかったドライバーが大曲。1番では何とOBを続けて4発も叩いてしまいました。いや、驚きました。

 今までどおり打てば、そこまで傷を負うことは無かったのですが、やはり欲というものが人間あるんですね。少しでも理想に近づきたい、という無謀な夢が。

(●^o^●)

 まぁ、命を取られるでなし。工夫を重ねていかないと、面白くありません。次回を楽しみにしましょう。



2012年11月10日(土曜日:晴れ)


画像の説明

■今朝は鶴ちゃんとウォーキング。歩くことが走ることに比べて、どれだけ楽か週末になると実感します。二人で色々よもやま話をしながらの一時間でした。

■さてさて以下の記事は、確かにその通りと実感します。

 キンドルの最新版は、まだ発売されていないのですが、私の持っているNEXUS 7でもキンドルアプリがダウンロードでき、アマゾンから電子書籍が購入できます。とても読みやすく配慮されています。

 昨夜は、「The old man and the sea.」を購入しました。100円です。

(●^o^●)

 以前ペンギンブック版を丸善で購入し何度も読みました。翻訳は福田恆存さんがされていました。チャールトン・ヘストンさんの朗読したCDもアメリカのアマゾンから購入し、自動車に積んであります。何度も聞いています。簡潔な文章ながら、力強く、奥深い内容です。

 それが、100円で電子書籍として購入できるのです。毎晩2ページずつ読みなおす予定です。学生時代、全文章を暗記しようと試みたことがありましたが、何度も挫折しました。思いでの作品です。

 ただ日本ではまだ、電子書籍の詠み上げ機能には対応していないようです。朗読してくれると楽しいのですが。



2012年11月09日(金曜日:晴れ)


画像の説明

■今朝も5時に起きてジョギングに出かけました。今週から隔日に走ることにしたのですが、やはりその方がスムーズに走れるようです。来年の駿府マラソンハーフへの出場を申し込んでしまったので、もう後戻りはできません。とにかくトレーニングをひたすら積み上げるしかありません。

 駿府マラソンハーフの制限時間は2時間。正直今の私の力では厳しい値です。キロ7分では間に合いません。キロ6分でも間に合いませんから、これはかなり大変です。まぁ、しかし考えていても仕方ありません。少しずつ実力を上げていくしかありません。それまでに怪我をしないように無理をせずにトレーニングしていくしかありませんね。

■昨夜は友人の古屋先生から電話をいただき、沼津朝日新聞への投稿原稿を読みましたよ、とお話してくれました。ところが、勝手に修正されたあの原稿に書かれていたのは、キンドルのことだと先生は勘違いされていたようです。そうでしょうね。昨年6月に掲載された原稿には、アマゾン社の名前もキンドルという商品名も掲載されていたわけですから。読者もこんがらがってしまい、どの製品の話をしているのか、判断ができないかも知れません。

 まぁ、あの原稿では何の話をしているのか、雲をつかむような話で現実味がなく、つまらない原稿だったと私も思います。私の力不足ですね。

■さてさて以下の記事は、心ワクワクするニュースです。こうしたベンチャー企業が、どんどん出てきてくれると日本は元気になるのですが。本当に夢一杯のニュースですね。

 007の映画で昔観たような気がするのですが、記憶違いでしょうか。



2012年11月08日(木曜日:晴れ)


画像の説明

■穏やかな日和の一日でした。今朝はジョギングに出かけずにエアロバイクを40分間漕ぎました。例によってNEXUS 7で「12人の怒れる男」を鑑賞しながら漕ぎました。

 少なくとも20回近くは観ているのですが、英語が聞き取れません。いわゆるクローズド・キャプションと言って、字幕が画面に出るのですが、もちろんあっという間に切り替わりますから大変です。最初は団子のように一塊になってしか聞こえなかったものが、次第に語句として聞き取れるようになってくるのですが、道は遥か彼方です。時々表示されるセリフに間違いがあることに気付きます。省略が多いですね。気づくだけ進歩したのでしょうか。

 この映画はアメリカの様々な面、良い面も悪い面も上手に描き出しています。人種の問題、差別の問題、貧富の問題などなど。それでも法の前には平等である、という理念があります。

 12人の陪審員が議論をしながら評決をするわけですが、もしも有罪に対して合理的な疑問(reasonable doubt)が生じたら、その時は、not guilty 、有罪でない、つまりは無罪とするわけです。

 確信を持って有罪と判定できない時は、無罪と表決するわけです。しかも、どちらにしても評決が12対0になるまで議論を延々と続けるわけです。映画では、最初の投票でヘンリー・フォンダが演じる建築家がただ一人、not guilty 、に挙手をします。それは無罪という確信があるからではなくて、有罪だ、という確信が持てなかったからなのです。

 あとは映画を見てのお楽しみですが、迫力があります。日本の裁判員を務めることになった人には、かならずこの映画を見てもらってから裁判に参加してもらう、という仕組みがあっても良い、と私は思っているほどです。

 ご覧になっていない方は、ぜひ一度観てみてください。

■ついに、来年の駿府マラソンハーフコースにエントリーしました。2013年3月3日(日)です。あーあ。もう後には引けません。

(●^o^●)



2012年11月07日(水曜日:曇、霧)


画像の説明

■今朝はしっかりと起きてジョギングに出かけました。曇っていたためか暖かな朝でしたので床を抜け出すのにも楽でした。

 走りだすと、前半はきつかったですね。上りのためもありますが、足取りも重くやっとこさっとこ、というのが実態でした。それでも後半は、だんだんと楽になって来て、最後の一キロほどはテンポよく走ることができました。6キロを走ったのは、久しぶりですので辛いのは無理からぬことですね。

■さてさて今朝の沼津朝日新聞の「言いたいほうだい」という投稿欄に投稿原稿が掲載されました。「タブレットの時代」という内容です。

 ところが読んでみて何か変だ、と感じました。製品名が勝手に削除されているのです。アイパッド、ネクサス7です。こうした投稿欄に商品名は掲載しない、という内規でもあるのでしょうか? 先ほど新聞社に問い合わせのメールを送りましたが、とても奇妙な内規だと思います。奇妙というか、時代錯誤の内規ですね。

 例えば、「プリウスは燃費に優れているので環境に優しい」という原稿を送ったとします。すると新聞社は投稿者に承諾も得ずに勝手に、「ハイブリッド車は燃費に優れているので環境に優しい」と書き換える、ということを意味します。

 内容が全然変わってきます。それをおかしいと感じない人々って、どういう感受性をしているのか、とても不思議に思いました。以下は検閲を受ける前の原稿です。ぜひお読みいただいて、商品名の削除された原稿を想像してみてください。



2012年11月06日(火曜日:雨)


画像の説明

■今朝は雨でした。ジョギングには出かけず、家の中でエアロバイクを40分漕ぎました。エアロバイクを漕ぐ時は、いつもはモーツァルトのピアノソナタをCDで聞きながらなのですが、今朝はNAS(ネットワーク上のハードディスク)にDVDから圧縮して保存してある映画「12人の怒れる男」をNEXUS 7で観ながら漕ぎました。字幕を英語にしてあるので英語の勉強に最適です。

 エアロバイクのどこにNEXUS 7を置いて漕ぐか、結構悩んだのですが、結局は表示版の上に置いて両手で保持しながら漕ぎました。調度良い大きさなのですが、立てかけられるスタンドのようなものがあれば最高なのですが。

 iPadだと、こうは上手く行きません。まずはNASからストリーミングでダウンロードできません。ファイルを認識しないのです。理由は分かりません。色々な画像再生ソフトをアップルストアから購入して試したのですが、どれもダメでした。NEXUS 7で試したところ、何の問題もなく再生出来ました。

 アップルの製品は、とてもお洒落で魅力的なのですが、唯我独尊的なところが私は好きではありません。iPadもNEXUS 7も、それを動かしている基本ソフトであるiOSもAndroidも、オープソースを元にしているのですが、運営の仕方が全く異なります。閉鎖的なアップルは、いずれ行き詰まる、と私は見ています。そうならなければ良いのですが。

■さてさてテレビでは田中真紀子文科省大臣の新設大学認可取り消し問題で大騒動です。テレビや新聞を見ていると、一方的に田中大臣が悪いかのごとく報道されていますが、あにはからんや。以下の指摘を読むと、物事はそう単純でないことが分かります。

 「マスゴミ」とは、最近ネットでよく見かける言葉ですが、確かにその通りに違いありません。現在購読している東京新聞は、その点読む価値があります。自戒を込めてこの言葉を取り上げ、そうならないようにマスコミは襟を正すべきだ、という論説を掲げていました。

 最近はNHKのニュースも、あまり見なくなりました。中国の動きを、あたかも敵国のように扱うのは目に余ります。それによって日本企業が、どれほど酷い損害を被ろうが知らん顔です。要は、お役所なんですね、NHKも。本当に困ったものです。素晴らしい番組もたくさんあるのですが、今のままでは何も考えない人間しかNHKを見なくなるのは必定のように思えます。



2012年11月05日(月曜日:曇)


画像の説明

■今朝は起きるのが辛い朝でした。週末の嘔吐事件と、まだ真っ暗な朝のためです。それでも、何とか起きだして普段の半分ほどの距離をゆっくりと走りました。とにかく積み重ねが一番大切ですから、たとえ半分でも走り続けることが大切です。

■Facebookによると、友人の長谷川さんがシンガポールでクレジットカードなどの入ったお財布を失くされたようです。まだ手元に戻っていないようですが、色々な証明書など大切な書類も入っていたようで、一日も早く戻ると良いのですが。

■今日からは天候も下り坂。どうやら今日も午後からは雨のようです。一日も早く体調を回復しないといけません。

■さてさてタブレットの世界が激動しています。

 もちろん、これは単なる端末の争いではないのです。端末を通したサービスを制覇するかどうかの戦いなのです。アップル、グーグル、そしてアマゾン。どれもアメリカの会社なのが残念です。日本の会社が一社ぐらい入っていて欲しいのですが、残念ながらソニーもパナソニックも東芝も、候補にすらなっていません。

 アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが語っているように、端末を通してのサービスが勝負なのです。本当に残念なのですが、楽天ですら土俵にも登れそうにありません。

 どうしてこうも、日本の企業は横並び体質が変わらないのでしょうか。パソコンといえば誰が作っても同じような代わり映えのしないものばかり。そこそこ儲かれば、それで満足してしまって革新的な商品が発売できません。リスクを取ることを、極端に恐れて前に進めません。珍しく大胆な投資を決めたと思ったら、どれも時代に取り残されて大赤字を生むばかり。

 何が、いけないのでしょうか。ぜひ日本の企業には、もう一度生まれ変わって革新的な製品、革新的なサービスを生み出してもらいたいものです。



2012年11月04日(日曜日:晴れ)


画像の説明

■昨夜は四人で楽しいたこ焼きパーティーを開催しました。チヅちゃんが自慢の腕を奮ってくれました。食べて飲んで、本当に楽しいひと時でした。

 マサシさんとバランスボールの話には、腹を抱えて笑いました。プロレスラーでも通用しそうな立派な体格の鶴ちゃんでも使用できるようなバランスボールが有るか無いか、というお話ですが、鶴ちゃんにかかると、下手な落語家よりも面白いネタに変身します。お腹の皮がよじれて眠りにつきました。

 と、夜中の一時頃でしたでしょうか、気分が悪くなって目が覚めました。床暖房が入っていたので暑くて眠れないのかな、と少し身体を冷やすために床を離れて椅子に座っていたのですが、次第に嘔気と頭痛がひどくなり始めました。

 結局一時間ほどの間に、合計5回もトイレで嘔吐してしまいました。考えてみると、最近は平生小食に慣れていたのに、あまりに急激に多量の食事を取り過ぎたようです。水、木、金曜日と三日続けてジョギングをして疲れも溜まっていたのでしょう。

 本当に地獄の一時間でした。横になる、という表現は楽な姿勢を取る、という意味での代表的な姿勢ですが、こうなると横になってもいられないから大変です。横になって楽になるようでしたら、大したことはありません。

(●^o^●)

 何事も腹8分が肝要ですね。つくづく痛感しました。

■今日は最高の天候でしたが、鶴ちゃんの予定もあり、私の体調も考慮して、遅めの朝食を取ってから帰路に着きました。小湧園からは箱根駅伝の走路に沿って運転する形になります。

 途中富士山が綺麗に見えました。本当に場所によって全然違って見える富士山を楽しみながら帰宅することができました。

 鶴ちゃんやチヅちゃんには、感謝、感謝です。次回は、くれぐれも食べ過ぎに注意ですね。

(●^o^●)



2012年11月03日(土曜日:晴れ)


SUNの誕生日。ひろ繁さんのお料理。

■今日から連休です。普段なら午前中忙しく仕事をして、午後になってやっと一週間が終わった、とほっとする日なのですが、連休とは有り難いものです。

 今朝は鶴ちゃんとウォーキング。歩くという事が、走るという事に比べてどれだけ楽か、本当に痛感します。

■さてさて家に帰ってきて新聞を読み、折込の広告を見ると驚きます。家電量販店の広告に、でかでかとタブレットが宣伝されているのです。iPad、NEXUS 7などです。パソコンはもちろんですが、以前は無かったことですね。

 ウインドウズ 8の発売で、最新版を搭載したパソコンが続々と発売になっているのですが、横並びの典型のような日本メーカーの品揃えです。確かに日本製は素晴らしいのでしょう。

 しかし日本のパソコンメーカーって、パソコンを売って利益を上げているのでしょうか。パソコンと言っても、要は規格化された部品を、ただ組み立てただけですから、大した技術は要りません。iPadにしてもNEXUS 7にしても、デザインを決めているのはアメリカの会社であっても、実際に製造しているのは中国や台湾の会社です。

 アップルもグーグルも端末で儲けるよりも、サービスで利益を上げているのです。デジタル化されている、ということは、そういうことです。

 ブラウン管の時代には技術者の微妙な調整で画面の色合いが、随分と変わってしまったそうですが、液晶画面になってしまうと、ただ部品を組み立てれば出来上がり、となってしまうのです。あとは値段の勝負、となってしまいます。

 日本の家電メーカーが大赤字に苦しんでいるのは、こうした時代の変化に、まるで対応できていないのが元凶です。ルールが変わっているのに、昔のままの対応では勝ち進めません。

 サービスという、いわばソフトの部分になると日本は弱いのでしょうか。そんなことは無いと思うのですが、どうなのでしょう。

 お昼に待ち合わせて四人で箱根の旅に出かけました。宿が取れたので、ついでに山中湖へ紅葉狩りに立ち寄りました。

画像の説明

あと一週間すると紅葉も最盛期となりそうでした。

 



2012年11月02日(金曜日:晴れ)


SUNの誕生日。ひろ繁さんのお料理。

■今朝も5時に起きて走り始めました。肉離れも、だいぶ回復しました。完治とまではいきませんので、恐る恐る、とにかくフクラハギに負担をかけないように、股関節で体重を受け取る、という感じで走りました。さすがに三日続けては、やはり疲れが溜まります。

 明日からは鶴ちゃん夫婦と箱根の旅。一休みできそうです。

■昨夜は医師会の会合で、沼津朝日新聞の編集長さんと懇親会でお会いしました。最近投稿がありませんね、と言われてしまいました。その通りです。実は昨日書き上げた原稿があるので、来週には投稿しましょう。背中を押されました。

■さてさて、楽しみなニュースが報じられています。

 脱原発を進めるためには代替エネルギーの開発が急務です。技術の進歩で今まで問題にされなかった場所から、次々と新しいエネルギーや資源が発見されています。

 放射性廃棄物処理の問題が解決されていない以上、脱原発に向かうのは理の当然です。これからも原発を推進しそのエネルギーで快適な生活を、などと考えるのは次世代に対して余りも無責任です。

 真剣に考えて次回の総選挙で投票しないと、日本の未来は大変なことになります。



2012年11月01日(木曜日:晴れ)


SUNの誕生日。ひろ繁さんのお料理。

■今朝も5時に起きて準備体操、ストレッチをしてから、5時15分に家の前をスタートしました。使っているランニングウォッチは、GPS機能をオンにしてから実際に計測を始めるまでに一分近くかかりますので、それまではウォーキングで足慣しです。

 今日も競歩並みのすり足で進みました。昨日も今日もと連日ですので、いささか疲れもあってか脚の進みが鈍かったのですが、それでも20分ほどすると、確かに身体も温まって少しは楽になってきます。

 結局キロ6分45秒で6キロを走りました。脚の痛みも、それほどでもなくなりました。有り難いことです。

■さてさて以下の記事は、なかなか興味深いものがあります。日本に住んでいると、それが当たり前だ、と思うことが外国から来られて住んでいる方にしてみると、とてもおかしい、と思われることは多々あることです。

 今年家族で韓国旅行をした際に、地下鉄料金の安いのには、本当に驚きました。逆に言えば韓国の方からすると、日本の地下鉄料金は飛行機並みに高額だ、という事になります。

 アジアの方の感じ方は、上記の記事とは、また別物になるかもしれませんね。