2013年秋富山への旅

戻る

2013年富山への旅

画像の説明

2013年11月02日(土曜日:晴れ)から 4 日(月曜日) 




割烹屋さんにて




■さて午後から逃げるようにして東海道線に飛び乗り羽田に向かいました。名古屋から自動車で駆けつけるNONとAYAと富山で待ち合わせる予定です。富山在住時代にお世話になったHさんご夫妻を訪問するためです。

 二日目は氷見に宿を取り、富山湾の宝石の数々を頂く予定です。日本海側は、どうしても天候が不安定です。太平洋側のように秋は晴れる、という単純なルールが成り立ちません。一日の中でも移ろうのが日本海側の天候です。でも、我がSUN大明神のお陰で青空にすら恵まれました。感謝、感謝です。

(●^o^●)


富山湾を満喫

 写真を左クリックしてください。ホテルから歩いて一分の所にある割烹料理店。以前SUNが会合の折に立ち寄ったお店ですが、富山湾の宝石を見事に料理してくれました。

 次から次へ、宝石の数々が目の前に現れると、本当にうっとりとしてしまいます。富山湾は、本当に宝石箱のような海です。これも立山連峰の清冽な水の賜物でしょうか。

 娘二人も仕事が終わって疲れている中で、車を飛ばして駆けつけてくれました。会う度に美しさを増している、と感じるのは、完全に親の欲目です。

(●^o^●)

 でも今時スッピンでも綺麗なのは、我が家の娘ぐらいです。



Frame


2013年11月03日(日曜日:曇時々晴れ)


画像の説明

 県庁前の公園にて。北日本新聞社が見えます。以前私は、すぐ近くにあった病院に勤務していました。現在は移転してしまい、昔の面影はありません。


画像の説明

 県庁前にて。何かの会議でしたでしょうか。一度だけ中に入ってお世話になりました。


画像の説明

 富山城址公園にて。以前よりも整備が進んで、さらに素晴らしい公園に変貌しつつあるようです。休日には子ども達と一緒に、良く散歩に来ました。本当にお世話になった公園です。


画像の説明

 Hさんのお宅にお邪魔しました。私は、だいぶ前に一度訪問しただけなので場所はうろ覚えなのでしたが、NONはさすがに記憶力が抜群です。

 一度も迷うこと無く車で辿り着きました。すごい能力ですね。受験勉強とは違う脳細胞の働きなんですね。きっと。

(●^o^●)

 ご夫妻には、子ども達が色々お世話になりました。TAKUの武勇伝の話になると、本当に笑いが止まりません。今は仏様のように穏やかで優しいTAKUが、小さい時は悪戯の王様だったのですから、人は見かけによりません。そんな子ども達の幼児期を知っている数少ない証人のお二人です。

(●^o^●)

 悠々自適のお二人ですが、奥様は闘病中。でも読書家の二人は、毎日のように図書館通い。凄いですね。少しはお二人の爪の垢を煎じて飲む必要が有りそうです。