カラマズーからのお客様

カラマズーからのお客様



■1999年7月21日、沼津の姉妹都市カラマズーからお客様が来られました。
Jahdal Kibwe-Johnson 君、18歳です。お父様のRobert さんはカラマズーの市長さん。

■申し込みをしていたのですが、当初応募多数のため抽選にもれました。沼津もすごいものだ、と思っていたら、担当の方から電話をもらい、当初予定していた家族が辞退したので、引き受けて欲しい、とのこと。8日間の受け入れは始めてでしたし、結構大変そうだったので、外れたのは案外ほっとした面もあったのですが、これも何かの縁だと思い、引き受けました。


画像の説明

歓迎パーティーでご挨拶をされるRobert Johson 市長さん(中央)


画像の説明

 白隠太鼓も楽しみました。結構さまになっていますね。

 カラマズーにも地元の太鼓あるかな?


画像の説明

パーティーでは沼津音頭を楽しむ二人。双子の兄弟Hari 君と。


画像の説明

太鼓をたたくJahdal 君


画像の説明

 パーティーで始めてあった、Jahdal君と希実。照れくさそうです。


    コメント


    認証コード6326

    コメントは管理者の承認後に表示されます。