2018 Nago家のホームページへようこそ

決断と実行

■20181206(木曜日:雨)

 

大会長として活躍される野口みずきさん。当日私は、二回も野口さんとハイタッチさせてもらいました。

 

 

■今朝は夜半から雨でした。資源ごみの日でしたが、我が家が当番に当たっていて、Sunが6時から8時まで置き場の前で、整理をしなければなりません。いつもは私が、それぞれの資源ごみが入った3つの袋を持って、集積場まで置きに行くだけなのですが、今日はそうはいきません。雨の中での作業ですから大変です。ご苦労様です。

 

■東京新聞、「この道」欄は J リーグの川渕三郎さんです。今日の題名は、「開幕前夜」。

 

Jリーグの開幕にあたって僕には腹案があった。

開幕の日、1993年5月15日の土曜日は、当時人気と実力を兼ね備えていた2チーム、ヴェルディ川崎と横浜マリノスのカードだけを国立競技場で行い、 NHK で中継してもらう。他のカードは翌日曜にやる。そんな考えだった。おそらく猛反対されるだろうな、とも思っていた。

 

この原稿を読むと、川淵さんは人の心を掴む敏腕営業マンだなぁ、とつくづく感じますし、ありきたりの言葉ですが、用意周到、決断と実行、という言葉を思い出します。こうと決めたら譲らない。もちろん、そこへ行くまでには用意周到に準備をする。

 

どんな小さな組織における、どんな些細な決め事でも、上記の手順は基本中の基本に違いありません。1936年生まれですから、今年82歳。スーパー高齢者です。バスケットボールのJPBLの初代チェアマンも務めました。人をまとめ上げるというのは、本当に大変です。そこで大切なのは、私心をいかに捨て去るか、という点に違いありません。己の欲が前に出ては、他者はその足元を見てしまいます。

 

しかし私心を離れることが、どれほど難しいか。欲を離れることは、並大抵ではありません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です