2011国立新美術館

2011年 8月 14日(日曜日:晴れ)
拓と国立新美術館にて絵画鑑賞


画像の説明

歴史ある建物と東京タワーという不思議な取り合わせです。


画像の説明

増上寺とプリンスホテルをバックに


画像の説明

国立新美術館に到着です。見学者も結構多く混雑していました。


画像の説明

 ホールにて。とても落ち着いた雰囲気でした。展示会場は混雑のため、ゆったりというわけには行きませんでした。


画像の説明

ポスターの前で。ゴッホの肖像画が選ばれました。


 国立新美術館には初めてでかけました。六本木にあるとは知りませんでした。地下鉄がありますので、本当に便利です。東京では車は要りません。拓の頭の中には地下鉄の路線図が入っているようです。

 大金持ちがいて好きな絵を思う存分買い集めて楽しみ、そして死後には国に寄贈する。アメリカの美術館によくあるパターンです。芸術にはパトロンが必要なのですね。