2012出島訪問

2012年8月13日(月曜日:晴れ後雨)


画像の説明

 長崎港にて。長崎からは上海に行くフェリーの定期便があるそうです。九州は東京から補助金をもらうことばかり考えていないで、アジアとの貿易で儲けるほうがよほど賢明というものでしょう。

 出島で過ごしたオランダ人に学ぶべきではないでしょうか。


画像の説明

 出島記念館にて。飛び交っていたのは中国語。豊かな人々なのでしょう。大変結構なことです。隣人が豊かになることは、最高の安全保障です。

 ともに豊かになることを、これからのアジアは本格的にテーブルについて築きあげて行かなければなりません。


画像の説明

 出島の館長の宴会を再現した部屋。狭い地域に押し込められた状態での生活はストレスの塊だったと思いますが、それでもオランダ人は日本に来ることを止めなかった。

 もちろん貿易による利益が莫大なものだったからです。


画像の説明

 長崎中華街の入口にて。長崎にも中華街のあることは知りませんでした。


画像の説明

 スケールからいけば横浜のものには叶いませんが、それでもこうした街をぶらつくのは楽しいものです。

 TAKUが調査してくれたチャンポンが旨い店に、まず立ち寄ったのですが、午後一時の段階で一時間待ち。列車の時刻もあり、結局諦めて他の店に行きました。

 結果は、失敗でした。味も素っ気もないチャンポンが出てきました。

 食べ物に関しては執念深い SUNとTAKUは、福岡空港で再度チャンポンに挑戦。今度は美味しかったようです。二人の性格は、こんなところで似ているようです。

(●^o^●)


画像の説明

さて長崎駅に戻ってかもめ号に乗車です。


 長いような、あっという間の旅でした。

 釜山では家族5人が久しぶりに集まりました。韓国料理の美味しかったこと。しかもお腹に持たれないことに驚きました。いわゆるヘルシーなのでしょう。

 現地の方にも親切にしていただき、印象はとても良かった旅でした。帰国してからイ・ミョンバク大統領の言動で両国関係がギクシャクしています。とても理解できないような言動を取らざるを得なかった大統領に、私などは同情してしまいますが、兎にも角にも愛国心を煽る政治は、それだけで失敗なのです。

 一時的に大統領の支持率が上昇したようですが、強心剤で一時的に心臓を鼓動させているようなもの。長続きはしません。

 両国間が、ともに繁栄の道を歩めるように智慧を絞らなければいけません。アジアの国々がいがみ合って喜ぶのは欧米諸国だけだ、という事実を一時も我々は忘れてはならないのです。