2016沖縄本島の旅

2016年08月25日-08月27日(金曜日ー日曜日:晴れ)


2016沖縄本島の旅


第一部:第二部

s_2016okinawa01.jpg

真喜屋公園手前で羽地内海をバックに


■今年の夏休みは、沖縄本島にしました。いろいろ候補は上がったのですが、時間の関係もあり、20年ぶりの那覇への旅となりました。

 木曜日のロータリークラブの例会が終わってから、逃げるように車に飛び乗り、家に帰りました。そして沼津駅に向かい駐車場に止めてから、予定通りの電車に乗ることができました。

 新幹線で品川まで行き、そこでいつもの京浜急行電鉄に乗り換え羽田空港国内線ターミナルに無事に到着しました。新幹線から降りたら三号車付近の南口を上がるのがコツです。そうすると、そのままJRのホームを出ることなく、京浜急行電鉄乗り換え口に直行できます。何回も同じミスを繰り返して、ようやく正解にたどり着きました。

 空港ではスマホに登録したQRコードをかざして、搭乗口まで問題なくたどり着きました。17時10分発のANA那覇空港行きです。30分ほど離陸が遅れましたが、予定通り、19時35分頃に着陸しました。

 

画像の説明

 今回利用したホテルは、ANA Crown Plaza Hotel でした。皇太子さまも泊まられたようですので、一流に違いありません。


 空港からホテルまでは、タクシーで15分ほどでした。もう日が暮れていましたので、あたりの様子も分からず、運転手さんと話していていると、あっという間に到着しました。

 今年は、まだ台風が一度も本島に上陸していないので、サンゴ礁の白化が心配だ、とは運転手さんの話です。台風が来て海水を撹拌してくれないと海水温が上昇してサンゴが死滅するのです。
 
 台風も大切な役割を果たしているのです。


画像の説明

 ホテルに荷物を置いて一休みしてから、玄関に停車していたタクシーに再度乗り込みました。国際通りにでも行こうか、と思ったのですが、運転手さんの勧めにしたがって、「わらじ屋」という店に行きました。

 まずは乾杯です。短いながらも夏休みの始まりです。


■さて金曜日はレンタカーを借りてドライブです。ホテルまで迎えに来てくれて、お店まで行きました。どんな車を貸してくれるのか、楽しみでした。北海道では、ビッツが多かったのですが、今回はなんとアクアでした。

 いつも乗っているプリウスの子分です。十分快適でした。お店で今日の予定をお話したら、まずは高速に乗って終点まで行き、そこから最北端の辺戸岬へ向かったほうが良い、というアドバイス。従うのが旅人の知恵。カーナビに従って、お店から5分ほどのインターから高速道路に乗りました。

 驚いたのは、沖縄の高速道路では、ETC搭載車は少数派だ、ということでした。4つゲートがあって、ETC専用は、たったの一つだけ。東名高速道路だと比率は逆のように思いました。

 豊見城名嘉地 IC から許田 IC まで 60 Km 弱でしょうか。一時間ほどで到着です。

 さてここから一般道に乗り換えて、58号線をまっしぐら。真喜屋公園手前で羽地内海をバックに撮ったのが、一番上の写真です。

■何とか無事に辺戸岬に到着しました。時刻は12時を回っていました。3時間弱かかったことになります。


画像の説明

沖縄本島最北端の岬です。ここから歩かなければなりません。


画像の説明

北海道でも岬めぐり。沖縄でも、岬めぐり。


 風が強く傘はご法度でした。



画像の説明

白波が打ち寄せていました。これではスキューバーダイビングは無理です。





画像の説明



画像の説明



画像の説明

 有名な万座毛ビーチです。海の色がモザイクのように変化しています。


 こうして今日のドライブも終え、宿へと向かいました。辺戸岬からの58号線へ戻る山の中の帰り道で、ひと時激しい雨に見舞われましたが、それ以外は青空のもとでのドライブでした。