20161022ベトナム支援

2016年10月20日-10月25日(木曜日-火曜日:支援活動日和)


2016ベトナム支援の旅



■20161022日(金曜日)被害者家庭訪問  合計 1 軒

1 件目の訪問


画像の説明

 名前   グエン・ヴァン・ティン 1975年生まれ 41歳 男性 寝たきり

 母親も息子も一回り小さくなった。数カ月前に息子が死にかけた。窓も締め切り。施設長が窓を開けた。

 母と二人暮らし。三兄弟。上に二人の女の子。正常。近所に住んでいる。結婚している。

 1979年父死去。母一人で育ててきた。

 あまり意識がない。反応があまりない。目もあまり見えない。食事は母が介助。あまり良く聞こえない? 反応はある。寝たきり。トイレはいけない。そのままで排泄。オムツはしていない。小さく刻んで食べさせている。

 体は清拭のみ。意識があまりはっきりしないので、何をしても甲斐がないが、時に暴れることもあり。

 ブラウン管のテレビが有り。衛星放送を受診?

 母は、1942年生まれ。家から離れられない。あとの面倒は、母の兄弟が面倒を見てくれるかもしれない。姉がいる。

 毎月 130万ドン 援助金あり

 ポカリスエットを500ミリのペットボトルに溶解して使用方法を教えた。下痢をしたり風邪をひいたりして、口から食事ができない時には、これを飲まして欲しい、と伝える。

 新谷さんが、介護用品の使い方を教授。三時間ごとの体位変換も指示するも母ができるかどうか。左肘の褥瘡が痛そう。介護用のマットを寄贈。

 介護用品、医薬品、支援金寄贈






2 件目の訪問

画像の説明



 施設長カム・ティ・ツゥイさんのお宅を訪問しました。

 被害者名 グェン・ヴァン・クイさん(息子) 1985年生まれ

 息子さんは筋肉が低形成の枯葉剤被害者としてのADSLのように次第に筋力が低下している

 血漿交換(?) 血友病のモノクローナル交代 点滴。USA/Los Angels Baxtor 社製

 antihemophilic factor Human M factor 点滴している。母は医者。

 定期的に病院で実施。脈が乱れてしまう。輸血をしている?

 骨髄機能が低下?⇒1/10 一回 月三回 1,000万ドンかかる。x3

 歩くのが困難。食事は可能。トイレは杖を使って自分で行ける。

 父親(夫) 施設で一緒に働いている。兵隊として、いまも頭に弾丸が残っている。

「心」、「忍」の額あり。二人で月600万ドン 軍人恩給

 米に対する感情 ⇒ アメリカには、今では恨みはない。製薬会社に対する損害賠償で戦う。

 息子さんの交流仲間はあまりいない。病院での友達だけ。

 奥さんは看護師さんだった。点滴に来てくれた時に知り合った。

 奥さんはツゥイさんの施設で働いている。

 一人息子さんとお孫さん



3 件目の訪問




画像の説明

 名前 ベ・トゥ・ハー 1985年生まれ  女性

 生後から肢体不自由児 明るい始終笑っている

 食事の介助 母親 綺麗に身の回りを整頓している。椅子に座って排便。

 夜は垂れ流し状態 母が髪を切る 母親は明るい性格

 三階の部屋にはおんぶして運ぶ。地域の枯葉剤被害者仲間が支援に来てくれている 

 120万ドン 枯葉剤被害者としての支援金

 母はハインさん 60歳

 ジアンさん 父 従軍 枯葉剤浴びる 63歳

 視力低下 


4 件目の訪問




画像の説明

 被害者名 ディン・ティー・トゥオン

 昨年も訪問した。

 1981年 生まれ 36歳 女の子 一人 中学生 11歳 日曜日のみ休校

 14歳の時にバクザン市でオランダの医師から右膝手術を受けた。

 注文服 オーダーメイドの服を作成

 既製服が多くなってきたので売上も減ってきた。

 子どもは異常無い 

 三輪のバイクで買物に行けるようになった

 天候で左膝が痛くなることあり。今のところ悪化はなし。

 通院していない。

 母のみ現存。同居している。父2004年死去。父が枯葉剤被害者としての死去。




5 件目の訪問




画像の説明

 被害者男子 チァン・アイン・ファン 1980年生まれ 36歳

 母 レ・チィー・チエン 1950年生まれ    

 父 チャン・ヴァン・フン 70歳 

 時々、テンカンの発作を起こす 食事の世話も必要 寝たきり

 クワンチの戦場で5年従軍 枯葉剤を浴びた 体中にそう痒

 若い頃からバレーボールで鍛えた。軍人精神で生きている。

 枯葉剤の散布は森の鳥達が感知して騒ぐ⇒穴をほって濡れタオルをして頭を隠したりした。避けようとはしたが影響を知らなかった。

 三人の子どもたち 長女(1977年生まれ)は元気 長女の子に掻痒症 

 長男 知恵遅れ?、普通に生活している。近所に住んでいる

 末っ子 この子 寝たきり 

 2000年の枯葉剤の集団検診は、娘さんの結婚問題があり受けなかった。

 毎月 130万ドン 父も167万ドン 支援金

 町内の仲間から応援してもらっている。

 日本の大学のグループが応援に来てくれた。私達が二度目。




7 件目の訪問




画像の説明

 娘 障害児 ディン・ティー・ズオン 1976年生まれ 40歳 しきりに手をつかむ

 ロッキングチェアに寝たきり。食べることは片手でできる。今は家にいるのみ

 神経系の薬、パーキンソン病の薬を内服

 トイレ、体の清拭介助が大変。

 一人っ子、一人娘、姉は早くに亡くなった。枯葉剤被害者認定開始前

 父 ディン・イー・ニオップ 85歳

 中西部で従軍 12年間 1950年から1962年まで従軍 

 母 チャン・ティー・ヴェ 81歳

 元気




8 件目の訪問




画像の説明

 綺麗な家。洗練された家電。豊かな印象。

 青年 グェン・フー・トゥー 1972年生まれ、44歳

 少し知能低下 精神不安定

 15−16歳ころから 精神不安定になり自分を時にコントロールできなく

 統合失調症?

 毎日薬を服用 体は問題ない 毎月 40万ドン 精神病に対して?

 妹二人 結婚している。心臓病 あるも普通に生活

 父 75歳 母 65歳
 
 ふたりとも中西部で従軍 父のみ枯葉剤を浴びる

 当時は枯葉剤とは知らなかった。単なる除草剤だと思っていた

 全身に浴びた ⇒ 池で体を洗った

 父の病気 DM 手足がしびれる

 父のみ枯葉剤被害者として認定 ⇒ 枯葉剤被害者として毎月 160万ドン

 この家は娘さんの嫁ぎ先 一緒に暮らしている