ようこそ! Nago 家のサイトへ 2020

I want to live like well water at any time.
In 2019, from the Izumo Hinomisaki Lighthouse

■ 2020活動 ■

WP版以前のページへ→QHM

2019年の活動

012020箱根の旅
022020北海道の旅
03
04
05

(最終更新日時 2020 年 02 月 28 日)

(2018/09/03 画面を一新:2020 年版)

 この写真が撮影されたのは、2010年3月22日。家族で辻堂の両親を訪問した最後の写真です。父は87歳。母は84歳でした。

 今では三人の子ども達は大学を卒業し自立しましたが、残念ながら、父は2014年1月28日、そして母は2015年12月31日に旅立ちました。

 生と死は別々にあるのではなく、生の中に死があるのだと痛感します。 

 2020年が我が家にとっても、そして世界にとっても平和な年となることを心から願っています。

It was 2010 when this picture was taken. We visited my parents at Tsujido, in Kanagawa prefecture . At that time my father was 87 years old and my mother was 84 years old.

Now three children graduated from college and became independent, but unfortunately my father died on January 28, 2014 and my mother died on December 31, 2015.

I realize that life and death are not separate, but there is death in life.

I sincerely wish that 2020 will be a peaceful year for ourselves and for the world as well.

「「 我が家の活動の記録です 」」

 我が家の五名、suke、sun、non、taku、aya の活動記録です。子ども達三人は、すでに家を離れていますので、夫婦二人の生活ですが、家族が仲良く、そしてそれぞれが夢を持って健康で生きていけること。それが夫婦二人の何よりの幸せと思っています。

 記録していくことは、生きていることの証しです。生きている限り記録していきたいと思っています。この記録は子ども達が受け取ることのできる数少ない大切な遺産だと、自分では思っています。

 2017年6月からはワードプレス上にホームページを移行しました。まだまだ使い慣れないのですが、少しずつ洗練されたものにしていきたいと勉強を続けています。必ずや役に立つと信じています。とりあえず表紙のデザインを元旦に更新しました。


It is the activity record of five of us, suke, sun, non, taku, aya. Three children are already away from home, so it is the lives of two couples, but family members get along, and each one can live with health with their dreams. I think that it is the happiness of the couple more than anything else.

To record is a proof of being alive. I want to record as long as I live. I think that this record is one of the few important heritage that children can receive.

From June 2017 we transitioned the homepage on WordPress. I am not familiar with it yet, but I am continuing my studies to make it sophisticated little by little. I believe it will surely be useful. Temporarily I updated the cover design to New Year’s Day.

==========

■私のモットー

どんなときにも井戸水のようでありたい

人は社会の中でしか生きていくことができません。人と人との間でしか生きることができないから、人間なのです。

それだけに様々な周囲の状況によって翻弄され続けるのです。だからこそ、人は守るべき信念を持ち、どんな状況でも、それだけは譲ってはいけないと思うのです。

井戸水は、夏には冷たいと言われ、冬には温かい、と言われますが、実は一年中ほとんど温度を変えていないのです。私も周囲の変化に適応しながらも、常に変わらぬ自分を守っていきたいと願っているのです。


I would like to be well water at any time

People can only live in society. Because you can only live between people and people, you are a human being.

As a result, humans continue to be mad at various circumstances. That is why people should have a belief to protect, and in any situation, that alone should not be handed over.

Well water is said to be cold in the summer and warm in the winter, but in reality it is rarely changing the temperature throughout the year. I am also adapting to changes in the surroundings, but I always want to protect myself constantly.

美しき ことも無き日を美しく すみなすものは 心なりけり

高杉晋作と与謝蕪村のパクリです。一見単調に見える日常生活。与謝蕪村が憧れた芭蕉のような一筋の道を歩くことは凡人には不可能です。家族を始めとする世間のしがらみの中で生きていくしかありません。

それでも蕪村の句にあるように、「門を出(いず)ればわれも行人(ゆくひと)秋のくれ」と、世事にまみれながらも美しさを求める心を失わずに生きたいものだと、つくづく願うのです。


It is an imitation of Takasugi Shinsaku and Yoshikibura. Everyday life that seemingly looks monotonous. It is impossible for ordinary men to walk a path like Basho that Yoshiro Buson admired. There is no choice but to live in the framework of the family and other people.

As I see in Busan’s haiku every day, I hope that I will live without losing my heart’s demand for beauty while being covered in society.

WhenⅠgo out of the gate,

I also am a traveller,

in the autumn evening.