カテゴリー: 残日録 Page 1 of 60

国の形

■20191119(火曜日:晴れ、強風)

ベトナム支援の旅で、活動を終えてホテルに帰る途中、道端の露店で並んでいたイモ類です。

■今朝はゆっくりと休みました。いささか疲れが溜まっていて、起き出す元気はありませんでした。残りの日数と残りの距離を考えると、明日からまた頑張れば何とかなるでしょう。

昨夜は雨と風が吹き荒れて驚きました。外に出していた干し柿をしまうのを忘れていました。思い出して雨が当たらないように、ひさしの下にしまったのですが、残念ながらかなり濡れてしまったようです。解凍した干し柿を、今朝も一つ食べましたが、十分甘くてジューシーでした。

■さて、長州新聞第8425号三面にはこんな見出しが書かれています。「ケアマネのなり手が激減、崩壊しかねない介護保険制度」、あるいは「看護職員27万不足  厚労省推計団塊世代75歳以上で  国際的な比較でも劣悪」。

記事によれば、人口10万人当たりの医師数、看護師数が国際的にも低く、医学生の数は、経済協力開発機構OECD調査で最低である、とあります。

東京近郊では人口の減少によって医療機関も、余り始めているという話を聞くことがありますが、日本全体で見ると、まだまだ、そのような状況にはないようです。

下関のある開業医は、こう語っています。

日本の医師、看護師をはじめ医療スタッフの人口比人数は極めて少ない。2010年頃、国内総生産 GDP に占める医療費が最も多い米国ボストンの病院と日本の国立病院(どちらも入院ベッド数300床クラス)を比較して、日本は医師数で約十分の一、看護師数で約七分の一、看護助手で約四分の一などとなっていることが問題となった。

これは今日でも抜本的には改善していない。看護師不足は深刻で病院でも介護、福祉分野でも確保は至難となっている。

福祉国家と呼ばれる国々では、こうした分野に国が多くの投資を行なっているのでしょう。国にお金が無いわけではないのです。国民が必要としている分野に、お金を振り向けていないだけなのです。誰のために政治を行い、誰のためにお金を使うのか。その結果が、この国の形を作り上げているのです。

有機農業

■20191118(月曜日:晴れ)

ベトナムで食べた鳩の丸焼きです。

■今朝の写真は今年ベトナム枯葉剤被害者支援の旅で食べることのできた、ハトの丸焼き料理です。日本でよく見るハトとは違うようですが、かなり小さめのハトのようです。

丸焼きにしたものを小さく切ってありますので、全体像は分かりませんが、脚が丸見えなので些か不気味といえば不気味です。それでも味はとても良くて、けっこう美味しく頂きました。

■さて長周新聞第8425号の書評欄では、世界で広がる有機農業について吉田太郎著「タネと内臓」という本を取り上げています。副題には「多国籍企業の種支配に抗し、遺伝子組み換え食品や農薬追い出す」と、あります。まず、こう書かれています。

米国モンサント社など多国籍企業は除草剤ラウンドアップ(主成分はグリホサート)と、それに耐性を持つ遺伝子組み替え( GM )作物の種子等をセットにして種子市場に進出しています。例えば韓国では、国内の種苗メーカーはなくなり、キムチ用の青陽唐辛子はモンサントが買収して、韓国は毎年巨額のロイヤリティを払っています。つまり「種を制する者が世界を制す」なのです。だが、それによって食と農業と健康はどうなるのか?

最近の米国の消費者団体の調査では、遺伝子組み換えトウモロコシはミネラルをほとんど含まない、カス食品であることが分かりました。米国病原菌学会の学会長はこう述べています。

米国モンサント社など多国籍企業は除草剤ラウンドアップ(主成分はグリホサート)と、それに耐性を持つ遺伝子組み替え( GM )作物の種子等をセットにして種子市場に進出しています。例えば韓国では、国内の種苗メーカーはなくなり、キムチ用の青陽唐辛子はモンサントが買収して、韓国は毎年巨額のロイヤリティを払っています。つまり「種を制する者が世界を制す」なのです。だが、それによって食と農業と健康はどうなるのか?

そして最後に記事は、こう結んでいます。

世界中の母親や農家が多国籍企業の支配に抗して種子を守り、農薬漬けでない地産地消の農業への大転換を促しているのに、日本政府だけが種子法を廃止し、種苗法を改定して多国籍企業のタネの支配へ道を開け、遺伝子組み換えでないの表示義務をなくし、グリホサートの食品への残留基準値を緩和しています。

そして大手メディアは、これを報道しません。国益を売り飛ばしてはばからぬ対米従属政治に対して、日本の農家や消費者も黙っているわけにはいかない、と書かれています。

まさに今の政権は亡国政権なのです。

世話人会

■20191114(木曜日:晴れ)

バクザン省では、道路沿いに多くの露天があります。この大きなせん餅が、どこそこで売られています。

■今朝は久しぶりに、ゆっくり休みました。3日間連続して朝、走りましたので、今日は天気予報にも雨との予想でしたので、目覚ましを5時半にかけて、昨夜は眠りました。

結局起き出したのは6時半になってしまいましたが、起き出して外を見ると、西の空はもう雲が途切れて青空になっていました。昨夜の天気予報では、今日は午前中いっぱい雨、午後から晴れてくるとのことでしたが、少し変化が早まったようです。昨日も日中は暖かく、部屋の中では半袖でいても寒いとは感じない程でした。

■れいわ新選組の山本太郎代表が今、東北地方を回って地域の皆さんと交流を深めています。その様子をYouTubeで見ていると、まず感じるのは、とにかく寒そうだということです。

夕方から開始されますから、当然のことなのですが、やはり気候の違いを痛感します。2時間以上の時間を取って街頭で交流会を開いているのですが、皆さん、とても熱心に聞き入ってる様子が画面から伝わってきます。

それぞれの地域で色々な問題を抱えているということがよく分かります。それに対して誠実に対応している山本太郎代表の姿勢は、とても好感が持てるものです。一番素晴らしいと私が思うのは、ユーモアがあるから、その場の雰囲気がギスギスしません。

論じているテーマは決して面白おかしいものではないのですが、豊富な基礎データーに基づいた、山本代表の演説に皆さん引き込まれています。今これだけのお話ができる政治家が、どれだけいるか疑問に感じるほどです。

お話を聞いて感じるのは、どうして今までこうした内容の現状が、マスコミで報じられてこなかったのか、という極めて基本的な疑問です。テレビだけを見ていると、今の日本はそれほど悪い状況にはないのではないか、と錯覚しがちです。

ところが現状をきちんと見てみると、日本は本当に落ちぶれてしまったのです。20年間続いたデフレの中で、多くの人が貧しくなってしまったのです。ぜひ皆さんには一度、山本太郎代表の街頭演説を、お聞きになることを勧めたいと思います。

日本の現状、いま日本がどうなっているのか、ということを改めて思い知らされ、我々がどう行動すべきかを示唆してくれています。

■さて今夜は、東部眼科医会世話人会です。一年の締めくくりです。来年に向けて活動を総括し、問題点を検討します。これが終われば、一段落です。

思い出

■20191106(水曜日:晴れ)

ベトナムのある農家。庭に植えられたバナナの木です。

■今朝は走るつもりで昨日に続いて目覚ましをかけていたのですが、起きることができませんでした。原因は分かりません。疲れが溜まっているのでしょうか。

10月はベトナム支援の旅に続いて、群馬県でのハーフマラソンに、たくと一緒に出場しました。いささかハードスケジュールだったのは分かっていたのですが、その疲れが遅れて出てきているだけかもしれません。無理をしても意味がありません。

仕事をしながらですので、そちらにしわ寄せが行っては本末転倒です。まぁ、のんびりと焦らずに身体の調子を見ながら、少しずつ積み重ねていくしかありません。

■今朝の東京新聞読書欄を読んでいて、ある方の投稿に目が留まりました。「水くれた女性 優しさに感謝」と題して、千葉市に住む 80 歳の男性の方が投稿しています。

この方は東京の地下鉄の地下通路の一角で、急に気分が悪くなり、しゃがみ込んでしまったそうです。その時、通りがかりの女性が声をかけてくれて、近くで冷たい水を買って届けてくれたのです。その水のおかげで気分も回復し、動ける状態になって帰宅することができました。

その時、名前も聞くことができなかったのですが、優しい気遣いと行動力、世の中には、なんて親切な方がおられるのかと感激しました。本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

と書かれています。

なぜこの記事に目が止まったかといえば、70 歳を前に肺がんで旅立った私の姉が、以前同様の話を私にしてくれたことがあったからです。同級生と会うために東京へ出かけた際に、姉は帰り掛けの電車の中で気分が悪くなりホームに降りて吐いてしまったそうです。

ところが親切な方がおられて、ハンカチを提供してくれたり、優しく介抱してもらい無事に帰宅することができた、というのです。姉が私に言っていたのは、同様の感想でした。「世の中には、なんて親切な方がいるのだろう」。新聞の投稿を読みながら、今は亡き姉を思い出していたのです。

公共

■20191102(土曜日:晴れ)

まもなく太田駅です。車窓から見たスバルのビル、本社でしょうか?

■今朝は5時半まで、ゆっくりと休みました。目覚ましが鳴る、どのぐらい前からでしょうか、夢を見始めました。夢ってなかなか思い出せないものです。何かの準備に追われている夢だったような気がします。

スマートフォンにセットした目覚ましを止めて、20分ほどでしょうか、布団の中で、うとうととしていました。こうした時間は、起きなくてはいけないと分かっていながら、夢の中で右往左往している自分を、映画を観ている観客のような気分で眺めているのです。まるでチャップリンの映画を見ているような、そんな気もしてきます。

■さて昨日、萩生田光一文部科学相が閣議後の記者会見で、大学入学共通テストに来年度から導入される予定だった、英語の民間検定試験について、令和6年度をめどに実施を延期すると発表しました。「身の丈に合わせて頑張って」という大臣の発言の顛末です。

安倍内閣が発足して以来一貫しているのは「公共の放棄」という点です。今まで国が予算を計上し、等しく国民がサービスを受けられるようにしてきたものを、民間に出来ることは民間に、という名のもとに予算を削り、国民からいわばサービス料を徴収して、民間の業者、しかも政権に食い込んでいる一部の業者に利益を横流ししている、というのが実態です。新自由主義などと名称はもっともらしいのですが、実態は下世話なものに過ぎないのです。

国民健康保険制度の改革に取り組む議会の審議会に民間の保険業者の代理人が参加し、保険会社が利益を可能な限り最大限できるような仕組みを作り上げるようなものです。アメリカでは広く行なわれているようです。一部の者たちのために、税金が合法的に横流しできるような仕組みを、国会の中で言わば、国民の目を逃れて作り上げられているのです。

耳障りの良いキャッチフレーズが広告会社の知恵なのでしょうか、巧みに流されるのです。「官から民へ」、「民間に出来ることは民間に」、「民間の知恵を生かして」などなど、まるで民間に移譲すれば、全てのことがうまくいくかのごとく説明されるのです。そして一部の親しいお友達に、税金が流れていく仕組みが作り上げられていくのです。

今こそ私たちは立ち止まって、公共とは何なのかということを、もう一度真剣に考え直さなければいけない時期になっています。

コンクリートから人へ

■20191031(木曜日:晴れ)

わが町の夜明けです。いつ出会っても心洗われます。

■今朝はゆっくりと休みました。今日は10月最後の日。いよいよ残り、あと2ヶ月というところまで来ました。色々なことがありましたが、振り返るのは、また後のことにして、とりあえずは今月も目標の月100キロ走を達成しましたので、ひと安心と言うところでしょうか。

さて今朝の東京新聞第2面には、「ダム事業のあり方は」と題して「核心」欄で、2人の政治家の方が意見を述べられています。民主党政権時、国土交通相だった馬渕澄夫氏は、この中で「コンクリートから人へ」の理念とは何かと問われて、こう答えています。

一度決めたら最後、膨大な費用を投じ続けるのは、官僚主導政治の最たるものだった。『人へ』というのは、無駄な公共事業をやめて財源を捻出し、教育や弱者救済などに充てるという思い。自民党政治の大転換を政治主導で行うというメッセージだった。理念は今でも正しいと思っている。

この馬淵氏が述べている理念は今でも大切なことであり、実現していない最大の政治目標に違いありません。

安倍政権になって以来、最も顕著なのは、ごく限られた特定の仲間だけに限って、極端な利益供与を公然と行い続けているという点です。身の丈発言で問題になっている英語検定試験にしてもしかり。民間試験業者の利益のためには、受験生への配慮などは一顧だにされていないのです。

彼らの頭の中には、自分たちへ利益供与している国民しか、目に入っていないのでしょう。これが戦後の日本民主主義の行き着いた終着駅だと思うと、暗澹たる思いに沈むのは私だけではないはずです。

東京オリンピックのためと称して湯水のように使われる税金のごく一部でも、人への投資へ回すことができれば、どれほど日本全体の底上げに繋がるかは容易に想像のつくところです。

れいわ新選組代表の山本太郎さんが言うように、このようなひどい日本を作り上げたのも政治なら、それを変えることができるのも、政治しかないのです。

地方都市

■20191028(月曜日:晴れ)

東武東上線太田駅前です。ビジネス・ホテルが思ったより多く、さすがはスバルです。

■昨夜はさすがに、ゆっくりと休むことができました。週末から忙しない時間でしたが、充実した時を送ることができました。高崎という街にお邪魔したのは初めてでした。群馬県は県庁所在地は前橋市ですが、高崎市という新幹線の止まる大きな街がもう一つあります。

たくの家から新幹線の駅まで行く間、タクシーに乗りましたが、運転さんのお話では子供達は東京に学校へ通うために出てしまうと、もう高崎には戻ってこないという場合が多いようです。まるで沼津でのお話を聞いているような気がしました。つまりは地方都市では、どこでも同じようなことが起こっているということです。

東京はまるでブラックホールのように日本中から人を吸い寄せているのです。帰る途中で立ち寄った東京駅の混雑ぶりは本当に凄まじいものでした。繁栄していると言えば、繁栄しているのでしょうが、こんなところに長居はしたくないというのが正直な実感でした。

今日配信されてきた、田中宇の国際ニュース解説 無料版 2019年10月28日 http://tanakanews.com/を読むと、これから先の人類の未来が、かなり暗そうなことが想像できます。

もちろんこの田中宇さんの記事が完全に正しく、そのまま未来を予測しているかどうかは、私には判断できません。ただ本当のように思える、ということしか言えないのです。私のような素人でも、大きな歴史的曲がり角に、いま来ているのではないかという予感はするのです。

金利が歴史的な低さにある、という指摘はよくなされるのですが、ということは少なくとも現在の状況が、歴史的な非常事態にある、ということは間違いなさそうです。現在のシステムがご破算に近い状態になった時、その次にやってくる世界とは一体どんなものなのか想像もできないのですが、決して明るくないことだけは間違いありません。

まず、地方都市から没落していく今の日本の状況を見ていると、ある種のカナリアのような役割を、地方都市が果たしつつあるのかもしれないと危惧しているのです。

たきび

■20191026(土曜日:晴れ)

今朝の富士山と愛鷹山です。

■今朝はゆっくりと休みました。昨日は関東地方を中心に激しい雨が降り、千葉市では土砂崩れのために犠牲者が出ました。千葉市緑区と報道されていましたが、私の同級生たちにも、やはり緑区に住んでいる友人がいましたので、心配になりました。緑区と言ってもかなり広い範囲でしょうから、詳細は不明ですが、これほど千葉で何度も大雨が降ったという記憶はありません。

飛行機は成田空港に着陸できず、東京へ向かう電車は不通になってしまい、乗客は移動のための足を求めて右往左往している様子がテレビに映し出されていました。恐ろしいものの代表に、昔は地震・雷・火事・おやじと言ったものですが、絶滅したのは最期の親父だけのようです。

さて、今朝の東京新聞30面、東京どんぶらこは新井薬師(中野区)を特集しています。「今昔記」には、

童謡たきびの詞は、児童文学者・巽聖歌が昭和初期から住んだ現中野区上高田の自宅近くで、この欅の落ち葉焚きの風景を見て創ったとされる。

と、あります。また、こう続けて書かれています。

渡辺茂の曲を得て、真珠湾攻撃の翌日、ラジオで放送されたが、軍部から差し止められた。「敵機の攻撃目標になる」「落ち葉は堆肥に」などの理由だったとされる。広く知られるようになったのは戦後で、小学校の教科書に採用された後のことになる。

今では考えられないバカバカしい理屈が、大手を振ってまかり通るような社会が、二度とやってこないことを切に祈るばかりです。それには私たち一人ひとりが政治というものを、しっかりと考えなければいけないのです。人任せはいけません。

テレビドラマ

■201901025(金曜日:雨)

ハノイオペラハウスです。フランス植民地時代に建設されました。

■今朝はゆっくりと休みました。火曜日の夜に帰国し、お風呂に入ってカレーを食べました。帰ってきて一番したかったことが、それだったのです。金曜日、土曜日、月曜日、そして、火曜日に休診にしましたので、その分がまとめて、一昨日の仕事となりました。つまりは大忙しだったということです。昨日は午前中だけの仕事でしたが、それでも、大混雑でした。

明日には仕事が終わったら、すぐに新幹線東武線を乗り継いで、群馬県の太田市まで行かなければいけません。2019上州太田スバルマラソンに翌日出場するためです。たくが色々探してくれた末に、この大会がハーフマラソンでもあり、またコースがフラットで完走も楽ではないかということで出場を決めました。

2014千歳JAL国際マラソンに初めて2人で出場してから、何度も一緒に走ることがありましたが、最近はたくも仕事が忙しく、また結婚もしたので一緒に走る機会がありませんでした。昨年12月に一緒に走った、お伊勢マラソンが最後だったでしょうか。

本当に日曜日が楽しみですが、昨日の朝走り、そして午後からは少しゴルフの練習をしましたが、頑張りすぎたかもしれません。いささか腰痛と体のだるさが残ってしまいました。今日一日はとにかく休養に努め、明日の朝も走る事なく体力の回復を待つしかありません。

■今朝の東京新聞、私の東京物語はトワエモアの白鳥英美子さんが「オーディションに応募」と題して書かれています。白鳥さんのご家庭では、

我が家では、もっぱら海外テレビドラマを中心に、家族揃って見るのが好きだった。「パパは何でも知っている」、「うちのママは世界一」、「アンタッチャブル」、「ローハイド」などの他にも大抵の海外のものは見ていたような気がする。

これを読んで、我が家もそうだったなぁ、と感じることができるのは、現在65歳以上の方ではないでしょうか。まだまだ日本のテレビ局では魅力的な番組を作る力が、なかったのかもしれません。テレビドラマといえば、アメリカのものがほとんどだったように思います。「事件記者」は、日本のテレビドラマとしては食い入るようにして観た懐かしいものの一つですが、アメリカドラマの頃よりも後の事のように覚えています。

アメリカという国が、まるで天国のような理想郷に思っていたのは、私だけではなかったはずです。内情としては人種差別問題など、多くの問題を抱えていたにもかかわらず、アメリカという国は本当に輝ける国だったのです。ある意味、ようやくアメリカもごく普通の国の一つになった、と言えなくもありません。

トランプ大統領が誕生し、世界の警察官の役割を放棄しようとしています。色々な論評があることはもちろんですが、ごく真っ当な方向だと私には思えるのです。これからは地域ごとの大国が中心となって、話し合いを重ねながら安定を模索していくという世界が、広がっていくのでしょう。確実に言えることは、戦争は減る方向にある、ということです。ご近所で戦争が起きて喜ぶ国は無いのです。

日常

■20191023(水曜日:晴れ)

ハノイ最後の夕食を楽しんだレストランです。

■昨日帰国し、その足でニューウェルサンピア沼津へ行き、お風呂にゆっくりと浸かりました。ベトナムでの宿泊ホテルにも湯船がなかった訳ではないのですが、周囲を水浸しにしてしまうことを心配し、落ち着いて湯船に入る気にはなりませんでした。

17日夜にベトナム入りし、最初に宿泊したニンビン省のホテルは、できてまだ日が浅い綺麗なホテルでしたが、シャワーを浴びて驚きました。湯船はなく、シャワーを浴びるところだけが、ガラスの扉で隔離された空間だったのですが、排水口が適切に配置されていない為に、お湯が周囲にどんどん漏れ出てしまったのです。

シャワーを浴びた後には、バスルームが水浸しという状態になってしまいました。これまでの宿泊客がホテルに苦情を言わなかったのか、それとも苦情を受け付けているにも関わらず、修理しようとしなかったのかは不明ですが、とにかくこれではどうにもならないと部屋を替えてもらうことにしました。

バクザン省の定宿では、こうしたシャワー室のトラブルはありませんでしたが、湯船が浅くて、しかもお湯の出てくるシャワーの排出口の所が壊れているためか、お湯があちらこちらに飛び出してきて、これまた部屋中を水浸しにしそうな勢いだったのです。つまりは、どちらのホテルも、落ち着いてゆっくりとシャワーを楽しむということはできませんでした。それだけに、日本に帰ってきて湯船に浸かってゆっくりと温まる、その時間のありがたさは格別でした。

今朝は目覚ましを5時に合わせて走るつもりでいたのですが、さすがに起き出す元気はありませんでした。日曜日にたくとハーフマラソンを走りますので、3日前から休養モードに入るのですが、そうなると走ることができるのは今日しかありません。現在のところ、残り8日で31.85kmのところまで来ていますが、予定としては目標に達していません。

27日に21キロ超を走りますが、それでもまだ10キロ足りないのです。となると、明日いつものコースを走って積み上げておく必要があるようです。27日にハーフを走り、翌日また走るというのは現実的ではありませんので、そうなると29日からの残り3日間で10キロを走るという計算になります。3日間で10キロですから、決して無理な数字ではないのですが、その前に1度走っておけば、何があっても目標の達成は出来そうなのです。

■さて、今日からはまた日常が始まります。金曜日、土曜日、月曜日、火曜日と、実質4日間の休診でしたので、簡単に言えば、その分今週忙しくなるということです。今年の支援の旅の様子も、きちんとまとめておかないと、2月にはまた沼津西ロータリークラブの例会で報告をしなければなりません。記憶の鮮明なうちに資料をまとめておかないと、後になってしまうと何が何だか分からなくなってしまうのです。

Page 1 of 60

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén