作者別: aiaiganka Page 1 of 88

バランス

■20191122(金曜日:雨)

バクザン省総合庁舎から見た定宿です。

■今朝も走りました。昨夜は勉強会があり、司会と座長を務めたあと、懇親会がありましたが、10時過ぎには家に帰り早めに休みました。

今朝も5時に起きて、いつものコースを6.12km走り、通算88.05km。残り70日で211.94kmのところまで来ました。3ヶ月間の長い戦いになります。

途中1ヶ月間は手術を受けた後ですので、走ることができません。その前後で、上手に無理をかけずに、目標を達成していきたいと考えています。

■さて、昨夜の勉強会の中で、糖尿病網膜症の専門家の先生の話がありました。糖尿病の管理、治療、そして網膜症の治療も以前に比べて格段に進歩し、重篤な視力障害をきたす患者さんは、かなり減少したとは言いながら、まだまだ手遅れに近い形で病院にやってこられる患者さんも多いのです。

特に病状が進んでからでないと症状が発現しないために、忙しい仕事の合間に病院を受診しない患者さんや、健康診断も受けていない中小企業の従業員の方も多いのです。

糖尿病の管理には食事と運動が基本ですが、忙しい毎日の中で、運動療法はとても難しいものです。となると、食事が一番の重要課題となるのですが、これについては未だに確定していない部分が多いようです。

つまり、どういう内容の食事をとるのが一番良いのか、という点において、カロリー量を治療の最優先事項とすべきなのか、それとも糖質量を最重視すべきなのかという点においてです。以下の本を読むと、答えは出ているように思うのですが、様々な意見があるようです。

『糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて (幻冬舎新書)山田 悟 著』。山田悟先生が書かれていたことの中で、特に記憶に残った言葉に、「食事で一番大切なのは、バランスである」という指導は、ほとんど何の意味もなさないという言葉でした。

バランスよく食事をとりましょう、という言葉は、一見もっともらしく聞こえるのですが、実は何を言っているのか、よく分かりません。まるで、どこかの環境大臣の発言と、そっくりなのです。

山田先生は適切な糖質制限食、つまりローカーボハイドレート(ロカボ)食が、患者さんを救うのだと主張されています。そして、それを裏付ける研究結果を示してくれています。

食事をした直後から血糖上昇をきたす精製炭水化物、つまりパンやパスタあるいは白米、うどんなどの食事が、血糖値の急激な上昇をきたすのです。これこそが、諸悪の根源なのです。

ところが以前、友人と話していて感じたのは、立派な知識人でありながらも、そうした食事の内容について話をしていて、最後にその方が話すのは「食事で一番大切なのはバランスだよね」と、なってしまう点なのです。

まだまだ一般の方に、こうした大切な栄養学の基礎知識というものが、行き渡っていないということを痛感するのです。

戦略

■20191121(木曜日:晴れ)

バクザン省での昼食です。ベトナムの典型的な料理です。

■今朝は昨日に続いて走りました。6.15kmを走り、これで今月は12回のランで81.92kmとなりました。普段でしたら、残りあと10日で20キロ弱ですから、余裕で目標を達成できるのですが、12月半ばに手術を受けなければならず、その後1ヶ月ランニングができません。

そこで目標を変更したのですが、昨夜もう一度考え直したところ、どうやら再度目標設定を変更した方が賢明のように思いました。つまり11月、12月、1月の3ヶ月で300キロを走るという目標設定です。

そうして目標設定を変更してみると、パソコンの画面では11月1日から来年の1月31日まで92日間で300キロとなります。今朝、6.15kmを走り、これで300キロの中81.92kmを走り、残り71日で218.07kmが残っているという計算になります。

とにかく走れる日は、雨さえ降らなければ確実に走っていかないと目標達成は困難そうです。

■さて、今朝の東京新聞四面「視点」では、大変興味深い記事が掲載されています。それは「穀物大国ロシアの復活  小麦は最大の輸出国に」と題されています。

1980年代、ソ連は世界最大の穀物輸入国であり、国際市場の動向を左右していました。非効率で生産性の低い農業はソ連のアキレス腱だったのです。ところが今やロシアは指折りの穀物大国となりました。

さて、最後の部分で日本にとっても見逃すこともできない重要な指摘がなされています。それは以下の通りです。

穀物ではないが、ロシアの極東地域は大豆の一大産地だ。日本は大豆を年間300万トン以上輸入するが、その7割は米国産。ロシア産大豆の輸入は微々たる量だ。しかし、日本に近い地の利の良さに加え、ロシアでは遺伝子組み換えの作物の栽培は禁じられていることもセールスポイントになる。

日米 FTA の締結で、訳の分からない遺伝子組み替え作物を強制的に買わされる、これからの日本を考えると、国の未来を真剣に考え、戦略的な外交を行っているのだろうか、と疑問に思わざるを得ないのです。

今の政権は一体誰のために政治を行っているのか、国民はそのことに、いち早く気付くべきなのです。

ルール変更

■20191120(水曜日:晴れ)

ベトナム支援の旅、最後の夜に訪れたレストランです。

■今朝は走りました。土曜日に走って以来、4日ぶりということになります。今朝は目覚ましを5時に合わせていたのですが、4時半に目が覚めてしまい、もう一度寝てしまうと起きられないと考え、そのまま起き出して準備を始め、走り始めました。

今朝は同じコースで少し長めの距離を走り、8.71kmを積み重ね、これで今月は11回のランで75.76km。残り10日で24.23kmのところまで来ました。

■さて、いよいよ決断しなければならない時がやってきました。この10月まで連続56ヶ月間続けて、月100キロ走を達成してきましたけれども、来月手術を受けなければならなくなりました。

しかも同級生に聞いてみると、ジョギングは術後1ヶ月はやめた方が良いというのです。12月の半ばに手術を受けますので、ということは、それまでに100キロを走っておく必要がありますし、1月の前半は、走ることができなくなります。

今までは記録を繰り越すということは、してきませんでした。月初から月末までで100キロを走るというルールでやってきましたが、今回ばかりは無理のようです。

結局、今回だけルールを変更して、11月に走った距離のうち、100キロを超えた分については12月に繰延をし、12月半ばまでに走った分と合計して100キロに到達するように走ることにしたのです。つまり11月と12月分を合わせて200キロを目標とする、ということです。

事情が事情ですから、今回ばかりはやむを得ないと自分を納得させてルールを変更することにしました。また来年に入ってからは1月と2月の2ヶ月分を合わせて200キロ走ることにしました。

それが一番、理にかなっていて、無理のないルールのように考えました。

国の形

■20191119(火曜日:晴れ、強風)

ベトナム支援の旅で、活動を終えてホテルに帰る途中、道端の露店で並んでいたイモ類です。

■今朝はゆっくりと休みました。いささか疲れが溜まっていて、起き出す元気はありませんでした。残りの日数と残りの距離を考えると、明日からまた頑張れば何とかなるでしょう。

昨夜は雨と風が吹き荒れて驚きました。外に出していた干し柿をしまうのを忘れていました。思い出して雨が当たらないように、ひさしの下にしまったのですが、残念ながらかなり濡れてしまったようです。解凍した干し柿を、今朝も一つ食べましたが、十分甘くてジューシーでした。

■さて、長州新聞第8425号三面にはこんな見出しが書かれています。「ケアマネのなり手が激減、崩壊しかねない介護保険制度」、あるいは「看護職員27万不足  厚労省推計団塊世代75歳以上で  国際的な比較でも劣悪」。

記事によれば、人口10万人当たりの医師数、看護師数が国際的にも低く、医学生の数は、経済協力開発機構OECD調査で最低である、とあります。

東京近郊では人口の減少によって医療機関も、余り始めているという話を聞くことがありますが、日本全体で見ると、まだまだ、そのような状況にはないようです。

下関のある開業医は、こう語っています。

日本の医師、看護師をはじめ医療スタッフの人口比人数は極めて少ない。2010年頃、国内総生産 GDP に占める医療費が最も多い米国ボストンの病院と日本の国立病院(どちらも入院ベッド数300床クラス)を比較して、日本は医師数で約十分の一、看護師数で約七分の一、看護助手で約四分の一などとなっていることが問題となった。

これは今日でも抜本的には改善していない。看護師不足は深刻で病院でも介護、福祉分野でも確保は至難となっている。

福祉国家と呼ばれる国々では、こうした分野に国が多くの投資を行なっているのでしょう。国にお金が無いわけではないのです。国民が必要としている分野に、お金を振り向けていないだけなのです。誰のために政治を行い、誰のためにお金を使うのか。その結果が、この国の形を作り上げているのです。

有機農業

■20191118(月曜日:晴れ)

ベトナムで食べた鳩の丸焼きです。

■今朝の写真は今年ベトナム枯葉剤被害者支援の旅で食べることのできた、ハトの丸焼き料理です。日本でよく見るハトとは違うようですが、かなり小さめのハトのようです。

丸焼きにしたものを小さく切ってありますので、全体像は分かりませんが、脚が丸見えなので些か不気味といえば不気味です。それでも味はとても良くて、けっこう美味しく頂きました。

■さて長周新聞第8425号の書評欄では、世界で広がる有機農業について吉田太郎著「タネと内臓」という本を取り上げています。副題には「多国籍企業の種支配に抗し、遺伝子組み換え食品や農薬追い出す」と、あります。まず、こう書かれています。

米国モンサント社など多国籍企業は除草剤ラウンドアップ(主成分はグリホサート)と、それに耐性を持つ遺伝子組み替え( GM )作物の種子等をセットにして種子市場に進出しています。例えば韓国では、国内の種苗メーカーはなくなり、キムチ用の青陽唐辛子はモンサントが買収して、韓国は毎年巨額のロイヤリティを払っています。つまり「種を制する者が世界を制す」なのです。だが、それによって食と農業と健康はどうなるのか?

最近の米国の消費者団体の調査では、遺伝子組み換えトウモロコシはミネラルをほとんど含まない、カス食品であることが分かりました。米国病原菌学会の学会長はこう述べています。

米国モンサント社など多国籍企業は除草剤ラウンドアップ(主成分はグリホサート)と、それに耐性を持つ遺伝子組み替え( GM )作物の種子等をセットにして種子市場に進出しています。例えば韓国では、国内の種苗メーカーはなくなり、キムチ用の青陽唐辛子はモンサントが買収して、韓国は毎年巨額のロイヤリティを払っています。つまり「種を制する者が世界を制す」なのです。だが、それによって食と農業と健康はどうなるのか?

そして最後に記事は、こう結んでいます。

世界中の母親や農家が多国籍企業の支配に抗して種子を守り、農薬漬けでない地産地消の農業への大転換を促しているのに、日本政府だけが種子法を廃止し、種苗法を改定して多国籍企業のタネの支配へ道を開け、遺伝子組み換えでないの表示義務をなくし、グリホサートの食品への残留基準値を緩和しています。

そして大手メディアは、これを報道しません。国益を売り飛ばしてはばからぬ対米従属政治に対して、日本の農家や消費者も黙っているわけにはいかない、と書かれています。

まさに今の政権は亡国政権なのです。

入賞

■20191117(日曜日:晴れ)

静岡市の駿府公園です。昔、駿府マラソンで、この周りを走りました。

■昨日は静岡市で眼科医療従事者講習会が開催され、司会と座長を務めました。お二人の先生と講習会の後、お食事をご一緒し楽しくお話をすることができました。

お二人の先生は、たまたま学生時代にラグビー部だった共通項があり、医療だけでなく、その点でも大いに話が盛り上がり楽しい時間でした。ラグビーW杯は、その点でも大いに話題を提供してくれました。

■さて今日は、新沼津カントリークラブの霜月杯Bクラスの月例でした。AクラスからBクラスに、昨年陥落して以来、さっぱり良い成績を上げられませんでしたが、今日は2012年2月にAクラス如月杯で優勝して以来、なんと7年ぶりに入賞することができました。5位でした。

グロス100、ハンディーキァップ18でネット82。今日はグリーンがとても難しく、友人はあるホールで何と5パットもしたほどです。ということで、50名の参加者の中で100はベストグロスでした。つまり一番良いスコアだったということです。それだけ皆さんが良くなかったということなのです。

4番ホール、ミドルホールでティーショットはナイスショットだったのですが、セカンドショットで右に OB を出してしまい、なんと9も叩いてしまいました。右の壁が、できていなかったのです。

普通なら、ここで諦めてプレーが、ぞんざいになってしまうのですが、そうすることなく最後まで諦めずに、最善を尽くしたのが良かったと思います。何事も諦めては、いけないということです。まさにゴルフの神様、ボビー・ジョーンズの以下の言葉通りだったのです。

いつの日か幸運が訪れることを期待して努力を続け、ボールを打ち続けなさい。

人生においても、こ通りに生きたいものです。

大の仲良し、平澤競技副委員長からトロフィーをいただきました。

講習会

■20191116(土曜日:晴れ)

ベトナムの昼食で食べた野菜です。

■今朝も走りました。6.49kmを走り、今月は10回のランで67.05km。残り14日で32.94kmのところまで来ました、ペースとしては順調です。

■今日の写真はベトナム枯葉剤支援の旅の途中で、立ち寄った地元の店で食べたサラダです。日本には、ない種類でしょうか。上に見えるのが、ドレッシングということなのですが、これもまた日本には馴染みがありません。ベトナム料理は野菜が豊富で、必ずと言っていいほど野菜がふんだんに登場します。

昔はあまり太った方、つまりはメタボリックシンドロームのような方は少なかったのですが、最近では男性を中心に、ポッコリとお腹が出ている方が多いように見受けました。

■さて、今日は仕事は終わって昼食を取ったら、すぐに出かけなければなりません。静岡で行われる眼科医療従事者講習会のためです。司会と座長が私の役割ですので、欠席するわけにはいきません。

15時からですので、早めに会場に駆けつけるとなると、13 時には電車に乗らなければなりません。落ち着く間もなくとは、まさにこのことです。

お2人の講師が、お見えになって、災害時における医療のあり方について講演していただきます。東日本大震災で実際に大きな被害を受けられた仙台の先生や、トリアージがご専門の先生のお話など、興味深いお話を聞くことができそうです。

この講習会が終われば、とりあえず今年は、残っているのは後始末だけということになりそうです。

国の品格

■20191115(金曜日:晴れ)

ベトナム・ニンビン省のあるお寺の様子です。

■今朝は走りました。いつものコースを若干長めに走り、6.92kmを積み重ね、今月は9回のランで60.55キロメートル。残り15日で39.44kmのところまで来ました。ペースとしては順調です。

ただし年末に向かって色々な会議や催し物が重なり、朝走れないことが増える可能性がありますので、走ることのできる日は走っておかないと、月100キロ走の目標を達成が難しくなります。

■さて、今朝の東京新聞26面社会欄には「桜を見る会より教育にお金を」と、学生有志が官邸前で訴えた、という記事が掲載されています。誠に今の日本を象徴している記事だと思います。

国がかけている教育費は、先進諸国では、まさに最下位に近い水準なのです。福祉国家と言われる、北欧諸国と比較すると、まさに雲泥の差なのです。

総理が開催する「桜を見る会」に、ご自分の支援者達を招待し税金で接待している一方、教育費は右肩下がりに減り続け、学生たちには無償の奨学金どころか、金利付きの奨学金を貸し出すことで、年間350億円程が金融機関の利益となるようです。

今の日本がどういう国なのかといえば、まさにこの一事が全てを語っていると言っても過言ではありません。悲しいかな、これが日本という国の、今の品格そのものなのです。

こんな国にしてしまったのは、有権者である私たち一人ひとりの責任なのです。有権者の半数近くが投票所に行かず、棄権することによって、国の品格がここまで落ちてしまったのです。これは私たち自身の品格でもあるのです。

今からでも遅くはありません。しっかりと自分の頭で考え行動することでしか、この国は変えられないのです。

世話人会

■20191114(木曜日:晴れ)

バクザン省では、道路沿いに多くの露天があります。この大きなせん餅が、どこそこで売られています。

■今朝は久しぶりに、ゆっくり休みました。3日間連続して朝、走りましたので、今日は天気予報にも雨との予想でしたので、目覚ましを5時半にかけて、昨夜は眠りました。

結局起き出したのは6時半になってしまいましたが、起き出して外を見ると、西の空はもう雲が途切れて青空になっていました。昨夜の天気予報では、今日は午前中いっぱい雨、午後から晴れてくるとのことでしたが、少し変化が早まったようです。昨日も日中は暖かく、部屋の中では半袖でいても寒いとは感じない程でした。

■れいわ新選組の山本太郎代表が今、東北地方を回って地域の皆さんと交流を深めています。その様子をYouTubeで見ていると、まず感じるのは、とにかく寒そうだということです。

夕方から開始されますから、当然のことなのですが、やはり気候の違いを痛感します。2時間以上の時間を取って街頭で交流会を開いているのですが、皆さん、とても熱心に聞き入ってる様子が画面から伝わってきます。

それぞれの地域で色々な問題を抱えているということがよく分かります。それに対して誠実に対応している山本太郎代表の姿勢は、とても好感が持てるものです。一番素晴らしいと私が思うのは、ユーモアがあるから、その場の雰囲気がギスギスしません。

論じているテーマは決して面白おかしいものではないのですが、豊富な基礎データーに基づいた、山本代表の演説に皆さん引き込まれています。今これだけのお話ができる政治家が、どれだけいるか疑問に感じるほどです。

お話を聞いて感じるのは、どうして今までこうした内容の現状が、マスコミで報じられてこなかったのか、という極めて基本的な疑問です。テレビだけを見ていると、今の日本はそれほど悪い状況にはないのではないか、と錯覚しがちです。

ところが現状をきちんと見てみると、日本は本当に落ちぶれてしまったのです。20年間続いたデフレの中で、多くの人が貧しくなってしまったのです。ぜひ皆さんには一度、山本太郎代表の街頭演説を、お聞きになることを勧めたいと思います。

日本の現状、いま日本がどうなっているのか、ということを改めて思い知らされ、我々がどう行動すべきかを示唆してくれています。

■さて今夜は、東部眼科医会世話人会です。一年の締めくくりです。来年に向けて活動を総括し、問題点を検討します。これが終われば、一段落です。

■20191113(水曜日:晴れ)

ベトナム支援の旅の途中です。踏切で電車の通過を待っています。ベトナム統一鉄道です。

■今朝も走りました。これで3日連続で朝、走ったことになります。今朝は6.13kmを走り、今月は8回のランで53.6km。残り17日で46.37kmのところまで来ました。

エプソンのホームページに接続すると、パソコンの画面には「50キロ達成おめでとうございます」と告げています。月100キロ走の目標を入力しておくと、このように知らせてくれるのです。

これでようやく目標の半分を超えました。まだまだ先は長いのですが、少しずつ積み重ねていくしかありません。

■さて、今朝の写真は、今年のベトナム枯れ葉剤被害者支援の旅の途中で、ちょうど踏切で出くわしたベトナム統一鉄道の電車です。1日に何本走っているかは分かりませんが、今まで何度も通過した踏切でしたが、これまで実際に電車が走っているのに遭遇したのは、2回目か3回目だと思います。

正式にはベトナム南北線と呼ばれるようですが、以前は南北に分かれていたベトナムでは愛称を込めて、統一鉄道と呼ばれることが多いようです。以前支援隊で夜行列車で旅をしたことがありました。ハノイからダナンまでです。三段ベッドの車両でした。楽しかったと言えば楽しかったですし、日本ではもう味わえない旅の思い出です。

ネットによれば、

ハノイからホーチミン駅まで、1726キロ。ハノイ駅とサイゴン駅を結ぶ、特急に相当する定期列車4往復(SE1 -SE8)が毎日設定されている。

所要時間は、いずれも30時間弱-40時間超と車中泊を2回行うものであり、3時間弱で同区間の移動が可能な旅客機と比較して、ビジネス利用には向いていない。

ホーチミンシティのサイゴン駅からハノイ駅まで、ソフトベッド(下段)を使うと、168万7000VND(約8400円)。バスだと100万VND程度。飛行機でもLCCを使えば航空運賃だけだと90万VNDで、諸経費を入れても130万VND程度なので、ホーチミンシティからハノイに行く交通手段としては、実は鉄道がいちばん高い。

途中の、ハイヴァン峠付近からの車窓の風景は、統一鉄道随一の景色として名高く、テレビ番組『世界の車窓から』にも頻出している。北向きなら右、南向きなら左が、南シナ海側となるが、サイゴンから乗車の場合、ダナン駅で進行方向が逆向きになるので、注意を要する。

■さて、昨夜はある本を読み終えました、たくが勤めている法律事務所の高橋伸二所長が書かれた自叙伝「弁護士 高橋信二 痛快伝 欅の如く」です。今年78歳になられる高橋先生が、昨年弁護士登録50年を迎え出版されました。盛大にお祝いのパーティーが開かれたようです。

たくから預かっていたのでしょうか、どういうわけか私の手元にありました。来月1日にゴルフをご一緒することになっていますので、先生の人生、あるいは人柄を理解する上で一番良い本だろうと思い、昨日ようやく読み終えることができました。

書かれている内容はまさに題名の如く痛快そのものです。そして、その人間の大きさに圧倒されるばかりです。地元を愛し、そして地元の人々のために活躍してこられた先生の足跡は、本当に学ぶことばかりです。

平成26年に地元の富岡製糸場が世界遺産に登録されました。先生を中心に、「富岡製糸場を愛する会」が設立されて27年後のことでした。その先見性と息の長い地道な活動を続けてこられた意志の強さに、ただただ驚くばかりです。

先生はこの著書の「はじめに」の中で、以下のように書かれています。

私には一つの座右の詩があります。

それは、少年の頃の思い出に基づいています。

山深い生家の大雪の夜、雪の重みに耐えかねて裏山の竹がビシッと大きな音を立てて折れていきます。翌朝はたくさんの折れた竹が見られましたが、欅の大木の周りに生える竹は折れずに立っていました。

欅の大枝が竹を守っているかのように見えました。

続いて農民運動家、農協長、県会議員を務め、農民詩人でもあったお父様の高橋辰二様の詩「欅」を引用されているのです。

まさに、この親にしてこの子あり、と思うのです。

 

Page 1 of 88

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén