カテゴリー: ランニング Page 1 of 32

新聞広告

■20190718(木曜日:曇)

 

s_20190718

メルボルン・カーネギー地区の町並みです。

 

■今朝は走りました。昨夜は眠りが少し浅く、2度ほど目が覚めましたけれども、5時少し前に最後の目覚めがあり、目覚ましが鳴って起きだしました。昨日の夜から少し蒸し暑くなってきました。今朝もこれまでとは違い湿度が上がったためでしょうか、走りながらも空気が重く感じられました。今朝は6.13 km を走り、これで今月は通算64.54 km。 残り13日で35.45 km の地点までやってきました。

 

どうも梅雨明けまでは、もうしばらく時間がかかりそうです。 今週いっぱいで雨ともおさらばかと思っていたのですが、そうもいかないようです。昨年のように猛暑続きで、熱中症注意報が連日のように発令されるのも困ったものですが、今年のように日照不足というのも農作物の成長を考えると、やはり季節には季節なりに暑いのが良いのでしょう。

 

21日の日曜日には、いよいよ参議院選挙の投票日です。今朝の東京新聞29面には、下方の半面にれいわ新選組の広告が掲載されていました。山本太郎代表が演説の中で話していましたけれども、こうした活動には当然多額の資金が必要です。大手3新聞、読売、朝日、毎日新聞などでは、半面の広告を出すだけでも1千万円以上の資金が必要のようです。

 

ネット上では、山本代表の演説には多くの人が参加しているのですが、全体から見れば 、圧倒的に少数派であることは間違いありません。ある人によれば寄付が3億円以上集まるということは、確実に投票してくれる人も、かなり期待できる、というのです。つまりネットで配信されるビデオを見ているだけでは、どんなに「いいね」 を連発してくれても、必ずしも投票行動には結びつかないのです。 ところが寄付するという行動を取った人は、かなりの確率で投票もしてくれる、と考えられるそうです。一人1万円で一万人が寄付して1億円ですが、山本太郎代表の場合は、もっともっと少額の方が多いようですから、逆に投票してくれる人数は、ずっと多いはずです。

 

ただし全国比例代表の場合、100万票を集めて、やっと一人当選というのが現実ですから、山本代表が当選圏内に入るためには、300万票が必要ということになります。これは想像もできないほどの多くの人が投票してくれないと達成できません。

 

日本の未来にとって、これが最後のチャンスではないでしょうか。このまま10月に消費税が増税され、個人消費がさらに冷え込めば、本当に取り返しのつかないほど 、日本経済は落ち込んでしまうでしょう。その影響は計り知れません。あまりにも愚かな行動です。

 

選挙葉書

■20190715(火曜日:曇)

 

s_20190716

Ayaちゃんの住むカーネギーの街の様子です。閑静な町並みです。

 

 

■今朝は走りました。昨日はかなりの雨が降り、今朝も明け方まで雨音がしていましたので、走ることができるかどうか不安だったのですが、起き出してみると雨も上がっていました。生ゴミの日でしたのでゴミを持って玄関を出ると、道路はかなり濡れていました。そこで雲行きも怪しいので、準備運動もそこそこに走り始めました。今日は6.10 km を走り、これで今月の通算距離は58.40 km 。残り15日で41.59 km となりました。例年に比べて日照時間が極端に少なく、キュウリやナスが2倍近くに高騰している、と朝のニュースで報道していました。梅雨明けは来週でしょうか。

 

■参議院選挙まで残り一週間を切りました。昨日は午前中、はがきに宛名を書いていました。山本太郎選挙事務所から送ってもらった選挙ハガキに記入していたのです。10枚送ってもらい、住所録の中から10名を選びました。 選挙での投票依頼など、今までした事はありませんでした。今回山本太郎さんが一人で立ち上げた「れいわ新選組」は、今の日本に足りないこと、そしてこれからの日本に必要なことを、分かりやすく説明し、そして実現してくれそうに私には思えます。

 

山本太郎さんの演説は何度も聞きましたが、とてもわかりやすく、 具体的でユーモアにも富み、一級品です。 既存の政党の政治家が行う選挙前の演説とは雲泥の差です。 空虚で雲をつかむような話しかできない政治家がほとんどですが、多くの庶民と実際に接して話を聞いてきたことが基本になっているのでしょうか、彼の話には浮ついたところがありません。 「れいわ新選組」が、どれだけの票を集めるか。今回の選挙は、とても楽しみです。

 

印象操作

■20190713(土曜日:曇)

 

s_20190713

メルボルン市内の様子です。来年は、いつ訪れることが出来るのか。楽しみです。

 

 

■今朝は走りました。昨日の朝は準備をして玄関を出たのですが、雨が降り始めて走るのをやめました。その後、空模様を見ていると、結局それほど雨が降ることはなかったので、走ってもよかったかなと思ったのですが、まあ無理をしても仕方ありません。今朝は曇り空ながら雨は降っていませんでしたので、安心して走り出しました。気温は高くありませんでしたので、楽といえば楽だったのですが、湿度が高く、体も重く、決して快適なランニングではありませんでした。6.11 km を走り、通算52.30 km。残り18日で47.70 km となりました。 エプソンのホームページにランニングウォッチをつなぐと、月間50 km 達成おめでとうございます、と画面が告げてくれています。今のところペースとしては順調です。梅雨ですので雨模様は仕方がないのですが、気温も低く農作物に影響が出ているのは心配です。

 

■先日の東京新聞こちら特報部では、「印象操作」について書かれています。参院選に向けて開かれた主要政党の党首討論会で、選択的夫婦別姓を認めるかどうかの質問に対して、一人だけ挙手しなかった安倍晋三首相は、こう発言されたのです。「印象操作はやめてください」。 この記事の見出しは、こうです。

 

「やめて」と言うけど 首相、やってません?

 

元電通マンで長野県中川村の元村長 曽我逸郎氏は、安倍氏の印象操作の特徴をこう説明しています。

 

小泉さんはわかりやすさで世間に受けた。しかし、安倍さんの場合は、明らかなうそやごまかしがある。統計不正で追及されたように、都合のいいところだけを取り出し、自身の成果であるように語って見せたりする。雇用が増えた、税収が増えた、と、成果を断片的に語るばかりで、野党から追及を受けると議論から逃げてしまう。

 

曽我氏は、こうも嘆いています。

 

言ってしまえばこっちのモンだって感じで。言ったモン勝ち。そういうやり方を、安倍さんは道徳的に恥ずかしいとか、間違っているかも、なんて思わない。

 

曽我氏の指摘は、誠に正鵠を射ていると私には思えます。 色々な解釈があるのでしょうが、根本的な羞恥心とか道徳心の欠如として理解するのが、 一番的を得ているような気がします。安倍総理が常々唱えられる、戦後政治の総決算、戦後教育の過ちの結果が、ご自身の羞恥心と道徳心の欠如とは、単に皮肉として片付けるには、あまりにも残念な結果ではないでしょうか。そして、それを支持し続ける日本人のあり方にも、異常のなものを感じざるを得ないのです。

 

投票率

■20190710(水曜日:晴れ)

 

s_20190710

メルボルン市内の交差点です。

 

■今朝は久しぶりの青空です。4時過ぎに1度目が覚めたのですが、5時までには少し時間がありましたので、もう一度眠りに入りました。5時に目覚ましが鳴った時、今度は起きだすのに少し苦労しました。今朝は6.13 km を走り、これで今月の通算距離は46.18 km。残り21日で53.81 km となりました。今のところ順調です。梅雨真っ只中ですので、走れる日には走っておこうという気持ちが、こうした結果になっています。 今月に入って青空を見ることは、ほとんどありませんでした。場所によっては例年の1割ほどしか日照時間がないところもあるようです。農作物に悪い影響が出ないか心配です。

 

■新聞に興味深い記事が掲載されていました。米国の NPO が、投票率の低い若者を皮肉で挑発する事で投票を促すために、動画を作成し YouTube に公開したのです。この記事の題名は、「米の挑発動画 日本で関心高まるか?」、「若者は投票行くな 効果は」 です。

 

この記事で日本の若者の投票率の低さが分かります。2017年の衆院選の年代別投票率を見ると、60代約72%、70歳代以上約61%なのに対し、10から30代は30から40%台です。 ある識者はこう指摘しています。「動画は反トランプキャンペーンとして若者の投票を促そうとしているが、日本の若者は現政権を支持しており、状況は日米で異なる」と説明しています。

 

本当に、そうなのでしょうか。このままいけば、今の若者が高齢者になる頃には、地獄が待っていることは、少し考えれば容易に想像がつくのですが、どうして若者たちが、そのことに思い至らないのか、私には不思議でなりません。

 

炭水化物ダイエット

■20190708(火曜日:曇)

 

s_20190709

今朝の蓮の花です。

 

■今朝は走りました。夜中に一度、そして5時前に目が覚めましたが、目覚ましの音ですんなりと起きることができました。今日は燃えるゴミの日ですので、所定の位置にゴミを置いて、準備運動してから走り始めました。少し肌寒いほどの気温でした。走るにはちょうど良い気温の曇り空でした。6.07 km を走り今月の通算距離は40.04 km。残り22日で59.95km となりました。

 

タニタの体組計で体脂肪率などを、ほぼ毎日計測していますが、グラフを見ていて驚きました。体脂肪率はそれほど変化していないのですが、6月の終わり頃から、体重が右肩下がりに減少しているからです。まさに一貫して右肩下がりの状態なのです。何が変わったかといえば、炭水化物の摂取量を意識的に減らし始めたのです。例えば昼ご飯の時に食べる白米の量を、1/4程度に減らしました。夕飯の時も、お茶碗に軽く一杯程度だったご飯の量を半分ほどにしました。朝食の時も同様に、納豆やヨーグルトを主体にし、炭水化物を半分ほどに減らしました。ただそれだけです。

 

すると不思議なことに、最初は脱水による体重減少かと思っていたのですが、どうもそうではないようなのです。以前ですと走った後に体重は一旦減少しても、すぐに戻るのですが、今回はそうではないのです。今朝も走った後の体重は56 kg 台になり、大学時代にテニスを日常的にしていた頃の体重55キロに近づきつつあるのです。今まで、こんなことはありませんでした。炭水化物ダイエットを始めて、まだ2週間足らずですので、本当の効果がどの程度のものなのかは、もう少し時間を見てみないと分からないとは思いますが、正直なところ驚いています。

 

先日の大学の同窓会で、たまたま隣に座ったある先生が、筋トレだけで20 kg の脂肪を減らした、 という話をしていました。元々関取のような体でしたので、20 kg の減量には正直誰も気づきませんでしたが、そのことがどうも本人には不満だったようです。誰も気づいてくれないことに憤っていました。ただ私から見ると、未だに腹囲は100cm 以上ありそうですので、まだまだ減量した方が良さそうに思いました。そして、こう尋ねてみたのです。「炭水化物ダイエットは、していないのですか?」 減量の方法は、筋トレだけだそうです。自分の経験からすれば、炭水化物ダイエットを加えた方が良さそうに思いました。

 

もっとも私の場合、タニタの体組計での筋肉量と筋質点数のグラフを見ていると、体重の減少につれて筋肉量も減少していますが、逆に筋質点数は上昇しているのです。つまり筋肉の量は減っているが内容は向上しているということです。 詳しいことはよくわかりません。もう数ヶ月見てみないと、なんとも言えないのでしょう。

 

うねり

■20190707(日曜日:曇)

 

s_20190707

今朝走っていて見つけた蓮の花です。

 

■今朝は走りました。体の重さが気になったのですが、いつもの通り5時に目覚ましを鳴らして起きだし、走り出しました。軽快にとは、とても言えない体調でしたので、とにかくゆっくりで良いから、と6.07 km を走り、今月の通算距離は33.97 km。残り24日で66.02 km となりました。

 

今日は午後から静岡で、静岡県亥鼻会総会が開催されます。大学時代の同窓会です。大学が千葉市亥鼻という地名にあることから、同窓会もそう命名されているのです。私も5年ほど前から理事会に参加しています。ご多分に漏れず、参加者の減少、そして予算の削減と、取り組まなければならない課題に明るいものはありません。今日の総会では脳神経外科の岩立 康男 教授にお越しいただき講演をしていただく予定です。

 

■さて参議院選挙です。れいわ新選組の山本太郎代表の演説を聞いていると、先入観がことごとく吹き飛ばされることに驚きます。例えば消費税が、その一つです。消費税は社会保障の充実と安定に当てられているのであり、これは社会の安定に欠くことができない税金だ、と私たちは思い込んでいます。5%から8%に消費税率が上がる際には、その増税分を全額、社会保障の充実と安定に当てると安倍総理は約束していました。ところが増税分に当たる8兆円のうち、社会保障に当てられたのは、たった16%だと言うのです。

 

安倍総理の言動が異なっているのは、何も消費税に関してだけではないので、目くじらを立てる必要はない、という意見が出てきそうなのですが、それではいったい何を信じて投票すればいいのか、有権者は途方に暮れてしまうのではないでしょうか。そして投票しても、結局自分たちの暮らしは良くならないし、政治になど興味を持つのは時間の無駄だ、と考えてしまっている有権者は多いはずです。山本太郎代表の演説を聞いた後では、ひょっとすると自分の投票で世の中が変わるのではないかと、そんな気がしてくるから不思議です。

 

山本代表の演説を聞いた後で、安倍総理の演説を聞くと、そのあまりの空虚さに、憤りを通り越して、茫然自失になってしまう自分に驚くのです。そして日本の総理大臣は安倍晋三であって山本太郎ではないのです。その違いが、そのまま日本の現状を映し出しているのです。子供の7人に1人が貧困、二十歳から64歳までの単身女性、3人に1人が貧困。安倍総理の演説を聞いていると、まるで遠い銀河系の別の星の話をしているのではないかと錯覚するほどです。日本の現状について、安倍総理には危機感というものが、まるでないようです。それがそのまま、日本人の不幸に直結しているのです。

 

日本がまっとうな国に戻ることのできる最後のチャンスが、この参議院選挙なのです。投票場へと足を運ぶ必要が、私たち有権者にはあるのです。

 

品格

■20190705(金曜日:曇)

 

s_20190705

 

 

■今朝は走りました。いつもの通り5時に起きだして準備を済ませ、走り始めることができました。10.18 km を走り通算27.90 km。残り26日で72.10 km のところまで来ました。今週は火曜日、水曜日そして今日、金曜日と3日走り、 通算27.90 km を走りましたので、一週間としては予定通りの距離です。

 

昨日も九州では激しい雨が降り続き、各地で避難する人々が相次ぎました。ここ沼津では午前中降りましたが、午後からは雨雲が垂れ込めていましたけれども、激しく降ることはありませんでした。

 

■さて、いよいよ参議院選挙が始まりました。今朝の東京新聞「こちら特報部」 の記事では、「品格失い忖度が横行」、「選挙で傲慢政治家退場を」と書かれ、絶対的多数を得ている自民党政治家の行動に疑問を投げかけています。現与党の政治家の行動を見ていると、 日本人は道徳心に富み、礼節を忘れず、慎み深い、と幕末から明治初期にかけてやってきたヨーロッパ人たちが、日本人に対して感じた 日本人感というものが、戦後70年を経て、すっかり消え去ったことを実感します。

 

緊張感がなくなると、ここまで権力にへつらい、卑屈になり、羞恥心を失うのかと、ただただ驚くばかりです。中選挙区制度の頃には、少なくとも私の知る政治家の皆さんには、日本人としての誇りや、最低限の羞恥心というものが、あったように思います。 それすらも失ったかのように見えるのは、本当に残念なことです。それは同時に、条件が整えば、日本人も 最低限の道徳心や羞恥心を失って、行動をしかねないという恐ろしさを示しているのです。本当に恐ろしいことです。今ここで踏み止まらないと、奈落の底にまで落ち込んでしまいそうです。

 

愚の骨頂

■20190703(水曜日:曇)

 

s_20190703

今朝走っていて、出会いました。

 

■今朝も走りました。いつものように5時に目覚ましを鳴らして起き出し、準備運動してからゆっくりと走り始めました。今朝は9.39 km を走り、今月の走行距離は17.71 km となり、残り28日82.28 km となりました。 今朝は雨の心配もなく走ることができましたが、逆に時折日差しも覗き、蒸し暑いほどでした。今日の夕方からはまた雨脚が強まり明日一日雨のようです。走れる時には走っておかないと、時間切れになってしまう可能性もあります。今朝も体はだるくて辛かったのですが、ここが頑張りどころです。

 

■今朝の東京新聞社説では「お互いが不幸になる」と題して日本政府が決定した対韓輸出規制について論評しています。韓国経済を牽引する主力産業である半導体製造に不可欠な素材であるフッ化ポリイミドや、半導体の洗浄に使われるフッ化水素の輸出を規制することにしたのです。元徴用工問題をめぐる意趣返しだ、という見方も流れています。あるいは参議院選挙を前にして、 安倍内閣を支援する一部の人たちへの配慮だという見方もあるようです。

 

しかし結論から言えば、まさに愚の骨頂です。一時的には憂さ晴らしにはなるでしょうが、日本にとっても得るものは何もありません。トランプ大統領がファーウェイを叩けば叩くほど、中国は自立を急ぐのです。もちろんトランプ大統領は、そんなことは百も承知の上で制裁を科しているわけです。中国に自立を促し、 アジアにおける調停役を押し付けたいわけです。考えてみれば、アメリカからはるかに離れたアフガニスタンやパキスタンの安定のために、膨大な軍事力と資金を注ぎ込むことに、どれだけの意味があるのか不明です。中国に任せるほうが、よほど現実的です。そうした現実的な意図を持っての制裁であれば、理解できなくもないのですが、今回の日本政府の決定は、 近視眼的と形容する以外に言葉がありません。全くもって日本も落ちぶれたものです。この程度の政府しか持てない日本という国は、本当に劣化してしまったのでしょうか。

 

国民の信頼

■20190627(木曜日:曇)

 

s_20190627

メルボルン、ヤラ川沿いの風景です。市民の憩いの場です。対岸には遊覧ヘリコプターが止まっています。

 

 

■今朝は走りました。天気予報では西から低気圧が近づいており、台風に変わるかもしれないと警告しています。ここ沼津でも夕方からは雨が降り始め、夜半にかけて大雨になる心配があります。こうなると今朝が今月最後の走る機会となりそうでしたので、今朝は頑張って起きだして走りました。7.13 km を走り今月の通算距離が102.00 km と目標の100 km を超えることができました。 これで52ヶ月連続月100 km を達成し、記録を取り始めてからの通算走行距離が8215 km となりました。 2020年の終わりまでには通算1万 km を記録することができるかもしれません。とにかく怪我をしないで続けることが一番大切です。まさに無事これ名馬です。

 

今月から片脚ずつの屈伸運動によって膝周りの筋肉を鍛え始めましたが、気持ちのせいかもしれませんが、少し成果が出てきたような気もします。走っていて右足の着地が以前よりもスムーズになったような気がするからです。長い距離、例えば20キロ以上走った時に膝の違和感が出現するかどうか、一度 LSD をして試してみなければなりません。それもまた楽しみのひとつです。

 

■今朝の東京新聞「本音のコラム」欄では青山学院大学長の三木義一さんが「年金・税金・バイ菌」と題して書かれています。いつものごとくユーモアたっぷりに書かれていますが、内容は笑ってばかりはいられません。ご自分が60歳を過ぎた時に年金の手続きをされたそうですが、その手続きのあまりの難しさに音を上げたそうです。税法が専門である先生にとっても、年金機構での手続きは難行苦行だったようです。予想通り役所で間違いを指摘されたそうです。そしてこう書かれています、

 

一般の市民にとっては、払う税金も難解でわからず、もらう年金も難解でわからない、ということだろう。年金も、税金も、バイ菌同様目に見えなくされている。これがまともな国家なのだろうか。

 

まことにその通りに違いありません。想像するに、福祉国家と呼ばれる北欧諸国などにおいては、財務省が指摘するように、消費税にあたる税金が日本の何倍もあるにも関わらず、その使い道に関して国民は信頼しきってるように、テレビ報道などでは見えます。その国民の信頼が、 国民の幸福感と、社会の安定に繋がっているように私には思えます。逆に言えば、日本では税金が一体何に使われているのか、きちんとした検証もされないままいるために、 国民は疑心暗鬼になってしまい、政府に対する信頼と社会の安定に繋がっていないのです。いま政治に求められているのは、 まさにこの点ではないでしょうか。

 

 

世論調査

■20190625(火曜日:晴れ)

 

s_20190625a

やがて蓮の花が咲き誇るのです。

 

■今朝も走りました。昨日の朝も11 km 以上走りましたので、本来であれば休息の日なのですが、 何しろ梅雨の真っ最中ですので天候は明日をも知れない状況なのです。せいぜい朝の5時半から1時間だけ雨が降らずにいてくれれば、走ることができるのですが、そうは問屋が卸してくれないのです。昨日の天気予報では明け方近くまでは雨が降るものの、それ以降は晴天となり気温も日中は上がるという予報でした。しかし水曜日以降は雨模様、 時に激しく降るという予報ですので、これは走ることのできる日には走っておかないと、目標達成ができなくなる可能性が高いのです。

 

ということで今朝は11.79 km を走り、今月の通算距離は94.87 km。残り5日で5.13 km となりました。5日も残っていて、しかも目標まであと5.13 km であれば、目標達成は何の問題もないように思えるのですが、明日から毎日朝、雨が降り続くかもしれないのです。何事も目標達成には、出来る時に少しでいいから積み重ねていかないとなりません。そのことを強く感じるのです。

 

■さてアメリカでは来年行われるアメリカ大統領選挙が実質的にスタートしています。先日共和党のトランプ現大統領が再選を目指して立候補することを表明しました。民主党は多くの立候補者が予定されていますが、現在のところ元副大統領のバイデン氏がトップを走っているようです。今朝の東京新聞「太郎の国際通信」では、トランプ米国大統領の再選を目指す選挙対策本部が、世論調査担当者を罷免したと CNN などが伝えた、と書かれています。この記事の中で、木村氏はとても面白い調査に触れています。前回の大統領選挙では予想に反してトランプ大統領が当選したのですが、 ある調査結果によれば、

 

前回の大統領選後「他人に公言したのとは別の候補者に投票した」という有権者1000人を探し出してインタビューを行った。そのうち実際にはトランプ氏に投票したのは53%、クリントン氏27%、その他の候補者に投票した有権者が19%だった。「隠れてトランプ氏に投票した有権者は、より世間体を気にしていた」と分析。トランプ氏支持を公表すると、いらの議論を招いて友人を失ったり、家庭内の人間関係もギクシャクするからだ。

 

木村氏は、この調査が正しいとすれば、世論調査でトランプ支持が低く出る傾向は、今も変わらないと考えるのが無難だろう、と分析しています。

 

日本の世論調査はどうなんでしょうか。平気で嘘をつき、それを少しも恥じることのない現総理を表立って支持するのは、少し恥ずかしいような気がするのが、これまでの日本人の礼節のような気が私にはするのですが 、どうも今の日本人には、そうした遠慮はないようです。 そうして選挙を重ねる度に、派遣社員の割合は増え、日本人の実質賃金は下がり続けて、ますます社会は物騒になってしまいました。どこかで、この流れを変えないといけないのですが、 自分たちの力だけではそうならないのが、日本人の悲しさでしょうか。 

 

 

Page 1 of 32

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén