東京物語

■20180615(金曜日:曇のち雨)

 

千歳マラソンからの帰りの飛行機中から撮った駿河湾の様子です。

 

 

■今朝は走りました。いつものコースを6.15km 走り、これで58.03km を積み上げました。残り15日で 41.96km です。体はだるいのですが、腕を振ることで、まるで走る機械のように、両脚が前へ前へと出すことができました。今週は、これで4日走ったことになります。

 

 

昨夜はロータリークラブのテーブル会。初めてのお店でした。沼津駅から歩いて10分ほどでしょうか。最近は駅周辺を歩くことも無くなりました。郊外店が主体になる以前は、電車に乗って駅に行って、そして商店街で買い物をするのが休日の大切な過ごし方の一つでした。どこの街でも、そうだったはずです。

 

駅前の賑わいを取り戻そう、という試みは日本中で行われています。現実は、どこでも大変厳しいようです。車社会になり、郊外の専門店に買い物に行くのが当たり前になってしまってからは、駅周辺の魅力は、すっかり褪せました。

 

■さて現在の東京新聞連載「私の東京物語」は、漫画家の倉田真由美さん。Wikipedia によれば、福岡出身で東京に憧れ入試では、東京工業大学に落ちたものの一橋大学に合格。サッカー部のマネージャーを経験。

 

卒業後に就活をするも、今はなき山一證券での入社試験では、しくじりの結果不合格。そのあたりのエピソードが現在綴られています。誰にでもあった青春時代の苦い思い出も、さらいと楽しげに書かれています。残念ながら彼女の作品を読んでいない自分には、いまにち作者自体が身近に感じられないのですが、機会があれば、ぜひ読んでみたいものです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です